FC2カウンター FPGAの部屋 2006年05月26日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ポルトガル出張3(2002年7月~8月)

最後に私が行ってきたポルトガルはリスボンの観光地を書いてみたいと思います。
最初にクリスト・レイです。テージョ川の岸に巨大なキリスト像が両腕を広げて立っています。台座の棟の中にはエレベーターがあって、キリストの足元まで登ることが出来ます。中のショップではおみやげ物が売っていて、キリスト教ものとかもありました。
portgual18.jpg

クリスト・レイのキリスト像(後ろ向きで失礼します)

4月25日橋は友人の家から職場に行くのにも良く通りましたが、美しい橋です。最初は独裁者の名前にちなんで、サラザール橋と呼ばれていたそうですが、革命が成功した記念に、革命を起こした日にちを橋の名前にしているそうです。
portgual19.jpg

4月25日橋と私

発見のモニュメントはポルトガル人が世界のいろんな土地を発見した年がモニュメントの前の広場にかかれています。ちなみにポルトガル人が日本を発見したのは、1541年だそうです。
portgual20.jpg

発見のモニュメント
portgual21.jpg

発見のモニュメントの前の広場(日本の地図に書かれているは、ポルトガル人が日本を発見した年)

ベレンの塔は、16世紀始めマヌエル1世の命により、船の出入りを監視する要塞として立てられたそうです。3階は王族の居室、2回は砲台、1階は水牢だったそうです。白いきれいな建物です。上に行くほど狭い階段で、すれ違うのが大変でした。天井には紋章が入っていて、これを見るとルパン3世のカリオストロの城を思い出します。
portgual22.jpg

ベレンの塔
portgual23.jpg

ベレンの塔の天井の紋章

ジェロニモス修道院はとても立派な建物です。特に中庭がきれいです。彫刻された建造物を見ていると、ルパン3世のカリオストロの城を思い出します。近くで見ると、石灰岩に彫ってあるので、左甚五郎の眠り猫の比べると彫刻が荒い気がしますが、ちょっと離れるととても見事です。
portgual24.jpg

ジェロニモス修道院
portgual25.jpg

ジェロニモス修道院(中庭)

コルメシオ広場です。このときは、とても暑かったです。多分35度くらいはあったでしょう。
portgual26.jpg

お城に行きました。サンジョルジェ城です。城の敷地は公園になっています。高台にあって眺めもよく、とても素敵な公園です。
portgual27.jpg

サンジョルジェ城
portgual28.jpg

サンジョルジェ城公園からの眺め(とてもいい眺めです)

これで終わりです。
  1. 2006年05月26日 18:22 |
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2