FC2カウンター FPGAの部屋 2013年01月21日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」を見てきました

今日は日曜日の代休だったので、「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」(音注意)を見て来ました。HUNTER×HUNTER はコミック持っていて、好きな漫画なので、楽しみにして行きました。キャラクタに思いいれがあるので、楽しめましたが、HUNTER×HUNTERが好きな人が楽しめる映画なんじゃないかな?と思います。今まで、一番良かった日本のアニメは、クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲が一番良かったと思います。クレヨンしんちゃんシリーズ面白いです。
  1. 2013年01月21日 21:15 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製12(ChipScopeで検証)

 前回、正常にカメラ画像をディスプレイに表示することが出来たが、AXIバスのデータ転送がシングル転送ということで、途中に入っている非同期FIFOが溢れていないかどうかをChipScopeを入れて確かめてみた。
非同期FIFOのrd_data_count (pfifo_rd_data_count) と overflow 信号をChipScope に入れて検証した。
取り敢えず、pfifo_rd_data_count の値を設定して、どの位、非同期FIFO(容量512深度、64ビット幅)の容量を使っているかを検証することにした。なお、pfifo_rd_data_count の値は、非同期FIFOにRead出来るピクセルデータがいくつ入っているかを表す。これが、511個つまり0x1ffを超えてしまうとオーバーフローになってしまう。(実際は付加回路が付いているので、もう少し大きい数でもオーバーフローとならないことがあります)
まずは、pfifo_rd_data_count の値を0x1に設定して、波形をキャプチャしてみた。下にChipScope Pro Analyzer で取得した波形を示す。pfifo_rd_data_count の値は、0x1 と 0x2 が見える。
ZedBoard_Cam_38_130121.png

次に、pfifo_rd_data_count の値を 0x8 に設定した。下に波形を示す。
ZedBoard_Cam_39_130121.png

pfifo_rd_data_count の値を 0xC に設定した。下に波形を示す。
ZedBoard_Cam_40_130121.png

上の波形を見るとわかるが、pfifo_rd_data_count の値が 0xC になった後、増えずに減ってきている。これは、多分 line_valid が0になって、当該ラインのピクセルデータの供給がなくなったためと考えられる。
pfifo_rd_data_count の値が 0xD にするとトリガが掛からない。
カメラ画像を上下反転するために、大きなアドレスからピクセルデータをDDR3 SDRAM上のフレームバッファに転送した。そのために、通常の方法ではバースト転送を行うことが出来ないので、シングル転送としたが非同期FIFOは overflow していないことがわかった。これで一安心だ。
  1. 2013年01月21日 05:49 |
  2. ZedBoard
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0