FC2カウンター FPGAの部屋 2019年01月04日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

アカデミック向けに送付したUltra96用PMOD拡張ボード

今日、アカデミック向けにUltra96用PMOD拡張基板とパーツを送付しました。

送付した内容は、1セットに付き

Ultra96用PMOD拡張基板 1枚
レベル変換IC、LSF0108,LSF0108QPWRQ1 2個
1608 パッケージの 1KΩ 16個 + 1 個予備
1608 パッケージの100 KΩ 4個 + 1 個予備

です。
後は、秋月電子で下記の物品を購入ください。下のリストはCSVファイルです。切り取って、CSVファイルとしてセーブするとExcel で読めます。

Ultra96用PMOD拡張ボード・パーツリスト,,,,,,,,
,,,,,,,,
番号,パーツ名,規格,メーカー,販売店,販売店品番,数量,URL,備考
1,DC-DCコンバータ(3.3V0.5A),M78AR033-0.5,MINMAX,秋月電子,M-07178,1,http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07178/,
2,L型ピンソケット 2×10(20P),,,秋月電子,C-05755,2,http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05755/,2x6に割って使用する
3,チップ積層セラミックコンデンサー 0.1ΜF50V (1608),,,秋月電子,P-13374,5,http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-13374/,40個入りなのでその内の5個
4,チップ積層セラミックコンデンサー 10μF35V (1608),,,秋月電子,P-13161,1,http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-13161/,10個入りなのでその内の1個
5,2mmピッチピンヘッダ 2×40 (80P),,,秋月電子,C-06075,0.5,http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-06075/,2x20Pが必要なので半分に割る


こちらが全パーツリストです。
Kicad_BOM_12_181227.png

パーツの実装方法
チップ部品の実装方法はお分かりか?と思います。
R10 R11 R12 R13 R14 R15 R16 R17 R18 R19 R20 R5 R6 R7 R8 R9 が 1KΩで、 R1 R2 R3 R4 が 100KΩです。

レベル変換IC、LSF0108 の実装向きは、1 番ピンがUltra96 の低速コネクタの方向に来るように実装してください。
DC-DCコンバータ(3.3V0.5A),M78AR033-0.5は、基板のシルクに部品のシルクを合わせてください。
OV5642_35_181215.jpg

OV5642_36_181215.jpg

L型ピンソケット 2×10(20P)は 2X6 に割って使用してください。私は、カッターで筋を付けて、ワイヤーストリッパーの元の両刃の部分で切り取るように割っています。比較的簡単に綺麗に割れています。その後はヤスリがけしてください。できたら、Pmod VGAなどの2つのPMODを使用するボードをコネクタに入れながらはんだ付けした方がベターかと思います。スルーホールに余裕があるため、ずれるとコネクタとPMODボードの勘合が悪くなることが考えられます。

2mmピッチピンヘッダ 2×40 (80P)は、半分に切り取って使用してください。これもワイヤーストリッパーの元の両刃の部分を使うと綺麗に割れます。

Ultra96用PMOD拡張ボードの実装方法
2 mmピッチピンヘッダ 2 X 40 をUltra96 のJ7 に挿入して使用します。その際にPMOD がUltra96 ボードの外に来るように実装してください。反対に実装するとレベル変換ICが飛びますので、ご注意ください。
OV5642_64_181220.jpg

(追記)
抵抗とコンデンサはすべて1608のチップ部品です。1kΩのプルアップ抵抗に集合抵抗を使わなかったのは、特定のピンだけプルアップを外すまたは抵抗値を変えられるようにです。
プルアップ抵抗がPMODのどのピンに対応するのか?はシルクで表示しています。

(2019/01/11:追記)
PMODのピン番号とFPGAのピン番号の表を載せておきます。MT9D111 の信号線も書かれています。
OV5642_71_190111.png

PMOD VGA のXDC 制約ファイルを載せておきます。

set_property PACKAGE_PIN D7 [get_ports {red[0]}]
set_property PACKAGE_PIN F8 [get_ports {red[1]}]
set_property PACKAGE_PIN F7 [get_ports {red[2]}]
set_property PACKAGE_PIN G7 [get_ports {red[3]}]
set_property PACKAGE_PIN F6 [get_ports {blue[0]}]
set_property PACKAGE_PIN G5 [get_ports {blue[1]}]
set_property PACKAGE_PIN A6 [get_ports {blue[2]}]
set_property PACKAGE_PIN A7 [get_ports {blue[3]}]
set_property PACKAGE_PIN G6 [get_ports {green[0]}]
set_property PACKAGE_PIN E6 [get_ports {green[1]}]
set_property PACKAGE_PIN E5 [get_ports {green[2]}]
set_property PACKAGE_PIN D6 [get_ports {green[3]}]
set_property PACKAGE_PIN D5 [get_ports {hsyncx[0]}]
set_property PACKAGE_PIN C7 [get_ports {vsyncx[0]}]

set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {blue[3]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {blue[2]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {blue[1]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {blue[0]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {hsyncx[0]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {vsyncx[0]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {green[3]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {green[2]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {green[1]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {green[0]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {red[3]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {red[2]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {red[1]}]
set_property IOSTANDARD LVCMOS18 [get_ports {red[0]}]


  1. 2019年01月04日 20:41 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0