FC2カウンター FPGAの部屋 2005年11月06日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

かかし祭り

今日たまたま石下町を通ったら、かかし祭りをやっていたので見てきました。
かかし祭りは大人と子供部門に分かれて、自作のかかしの出来を競うお祭りで、この時期に毎年やってます。結構面白いので大体毎年行ってみてます。
こんな感じです。いろんな団体が出してます。スーパードライの缶は消防団の出し物。
kakashi_2005_1.jpg

保育園か幼稚園の大作。さぞや、先生と父兄が大変だったと思う。
kakashi_2005_2.jpg

恐竜の組み立て模型の大判も合った。小さいのをスケールアップしたのかしら?
kakashi_2005_3.jpg

うちらの年代にはなつかしい。おばけのQ太郎。
kakashi_2005_4.jpg

結構面白かった。また来年も見たい。
  1. 2005年11月06日 16:06 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Verilog-HDLのお勉強2

昨日は、例の本のテストベンチ編を読んだ。
Verilogはコンソール出力するにもCのprintfと似たような$displayを使えるそうだ。ファイルへ出力する場合は$fopenしてから$fdisplayするそうだ。これはC言語でfopenしてから、fprintfするのと似ている。ファイルから入力するのは、$readmembらしい。$fscanfとかないのかな?
VHDLでも93で'IMAGEを使ってreportで値を見られるようになったようだ。
テストベンチを書く際に、Verilogではtaskでタスクの外部の値も書き換えることが出来るそうだ。これは便利。悩まなくて済む。
VHDLでもprocess文で宣言されたプロシージャに限り、プロシージャの外部のsignalやvariableを変更可能だそうだ。これもとても便利である。書くのが楽になった。早速使おう。
いろんなことがわかり、とてもいい本だ。今度はPLIを読むことにする。

常々、プロの人はどのようにして回路を検証しているのか、とても気になっていた。自分でやっているのどう違うのかということだ。もっと、うまいやり方があるんじゃないかということをいつも考えていたので、この本はとてもためになった。いつか、プロの方と検証についてお話してみたい。

今、XilinxのISEの環境で、VHDLで書いた回路をVerilogで書き直しているが、`includeを使用すると、HDLソースじゃなくなることがある。どうやらincludeファイルとの検索順がまずいのかもしれない。includeファイル名を検索が早いものにして試してみよう? 他のファイルでは大丈夫なファイルもあるので。。。結局、パスがおかしかったのが原因でした。ISEのプロジェクトがあるフォルダがカレントなので、そこからのパスを書かないといけなかったのです。すべてのVerilogソースファイルをISEのプロジェクトがあるフォルダに入れて解決しました。
  1. 2005年11月06日 07:02 |
  2. 入門Verilog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2