FC2カウンター FPGAの部屋 2006年03月07日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

近頃のお仕事

最近のお仕事は基板の回路図のネットリストを元に回路図の間違い探しという、面白くも無い大変なお仕事。
専用ピン1本でも間違ったら基板パーというプレッシャーと戦いながら、小さい基板は終わったが、大きい基板が残っている。回路図が階層構造になっていて、部品として使っている回路図は確かめなくてもいいはずなので、その辺は楽になるはず。
回路図を書く時に抵抗の型番は抵抗値で変えずに最初の型番だけ書いてあり、コメントで抵抗値を入れてあった。
つまりMCR05シリーズという抵抗があったら100オームの抵抗はMCR05-101の部品を使い(10×10の1乗だから)500オームの抵抗はMCR05-501の部品を使って本当は書くのだろうが、全部抵抗はMCR05の部品を使って、抵抗値はコメントで入れてあった。
これじゃだめだそうだ。ネットを作ってもパーツリストがそれだけじゃ使えないということはわかっていた。以前はそれで基板を作ってくれたのだが、これを作り変えると大変だ。
OrCADに部品のインスタンスを入れ替える機能があればよいのだが。探してみようと思う。

そろそろ技術発表会のほうも大詰めなのでポスターを作った。B1の大きさのポスターを2枚とした。後はポスター発表の時に何を説明するかを考えないと。
  1. 2006年03月07日 06:06 |
  2. プリント基板の作成過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4