FC2カウンター FPGAの部屋 2006年05月25日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ポルトガル出張2(2002年7月~8月)

この辺でポルトガルはリスボンの町の様子をお話したいと思います。
 歩道はほとんど白い石畳です。石はコンクリートで固めてなくて、ただおいてあるだけなので所々抜けています。
portgual11.jpg

石畳の歩道

 ポルトガルはアズレージョという柄つきタイルが有名です。地下鉄の壁とか、塀とかに絵が書かれているように見えますが、小さい柄つきタイルを張り合わせて、絵にしています。
portgual12.jpg

地下鉄の壁です。
portgual13.jpg

向こうの壁がタイル画です。

 ポルトガルの食べ物は日本人の口に合うと思います。スペインが近いからかパエリアみたいなのもあります。いわしの炭火焼がおいしく、サルディーニアというそうですが、とってもおいしいですよ。もう一回食べたいです。サラダもオリーブオイルがかかっていて、おまけに岩塩がふりかけてあるのにはびっくりしました。サラダを食べていたらがりっとしたので、何かと思ったら塩でした。これには少し参りました。塩辛いしね。このサラダは好きじゃありません。レストランに入るとパンも出てきますが、それにつける物も、いわしやツナ、アサリのパテなどです。一番、いわしのパテがおいしいと思いました。今でも、日本で購入してパンにつけて食べてます。おいしいですよ。
portgual14.jpg

サルディーニア、チーズの脇に載っているのが各種パテ、赤いのがいわし、緑のがツナ

 チーズはおいしいのもあるんですが、とてもくさくて食卓に乗せないでくれと懇願したくなるチーズもあります。我慢して食べれば、おいしいのですが、ちょうど日本のくさやのような物ですね。
portgual15.jpg

これは鮭ですね。奥の飲み物はパンチです。ワインとなにか混ざった、飲みやすいけど酔っ払う飲み物です。

 町は街路樹が植えられていますが、これが豆みたいなのがなっていました。日本では見たことないので、不思議な感じでした。あれはなんという名前の木なんでしょう? 町の中にはゴミ箱があって24時間入れても良いとのことでした。燃えるゴミとビードロ(つまりガラス瓶)となにかでした。家々は白い壁にオレンジの屋根に統一されている感じでした。高い所から眺めると、本当にいい眺めでした。家の色が統一されているので、決まっています。
portgual16.jpg

家並みの様子
  1. 2006年05月25日 20:44 |
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0