FC2カウンター FPGAの部屋 2006年08月08日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

新しい基板が届きました3

PowerPCの60XバスにChipscopeをかけてみてみたところブート時のスタートアドレスFFF00100からちゃんとアクセスしていることがわかった。だがそのTransfer Typeが今までサポートしていなかったタイプだった。
ここでちょっとPowerPCについて説明するとPowerPCはアドレス転送とデータ転送に分かれていて、マルチプロセッサ用にアドレスだけの転送もある。キャッシュのコヒーレンシを取ったりするコマンドはアドレス転送だけ発生するはずだ。(実際はGBLとかを使っていないので見たことはない)
通常はアドレス転送で何番地の何バイトを読むか書くかしますよということをアドレス転送でチップセットに通知して、データ転送で実際にデータ転送する。Transfer Typeはアドレス転送でどの様なタイプの転送かをチップセットに知らせる信号なのだ。以前のPPC603Eから7447Aに変更したのだが、Transfer Typeが今まで出ていなかったタイプが出ている。JTAG ICEを使うとリザーブドのところまで使っているようだ。
チップセットはFPGA内にあって自作なので対応するTransfer Typeを増やした。
これで大分動くようになったがまだだめである。アドレス転送オンリー以外は対応しなければいけないのだろうか?
でもまだまだ他の検討事項もあると思う。。。
  1. 2006年08月08日 04:48 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8