FC2カウンター FPGAの部屋 2007年09月03日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

今日は仕事に行けました

腰も大分良くなり、今日は仕事に行くことができました。

仕事もたまっていて、事務のパソコンのサポート(こういう仕事もやっています)メールアカウントを作成して、連絡先をコピー、ブックマークをコピー。
また、部屋のレイアウト変更の打ち合わせ、電源工事打ち合わせ。
実験のガイダンスなど。

またまた、オリジナル基板に使っているXportのデバック。
うちでは、TeraTermのバイナリモードを使用して、PowerPCのソフトウェアをXport経由でSDRAMに転送してからブートしている。それが、暴走してしまって動作しなくなってしまった。
よく調べるてみると、telnetではInterpret as Command(IAC)として0xFFを定義していて、0xFFはエスケープ文字として使用しているようだ。0xFFを送るときには、後ろに0xFFを付加して送るようである。説明はここが詳しい。
Xportには、その0xFFの後の0xFFを削除するモードがあって、それがイネーブルになっていなかったのが原因だった。つまり0xFFが1つ多くロードされてしまった。Xportのユーザーズマニュアルはここ。
問題の箇所はLantronix Web-ManagerのTCP Connection SettingsのCommons Options;のtelnet Mode。ここがDisableになっていたので、Enableにしたら直った。

注: なぜかLANTRONIXへのリンクはおかしくなってしまうようなので、Xportを知りたい方は検索してください。
  1. 2007年09月03日 21:17 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11