FC2カウンター FPGAの部屋 2007年09月23日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”PCIからHyperTransportまで ボード上の高速接続のトレンド”記事を読んで

日経エレクトロニクス2007 9-24 No.961 の日経ボード情報 No.43 に載っていた”PCIからHyperTransportまで ボード上の高速接続のトレンド”記事を読んだ。
感想はPCI-Xのことは良く知らないじゃないかということだ。それとも私のほうが、新しいPCI-X規格を知らないのだろうか?

1. 19ページ目右側で”100MHz/133MHz(PCI-X)”とあるが、66MHzのPCI-X規格もあったはず。
2. 21ページ目の注4も微妙におかしい。32ビット幅のPCI-Xバス規格がない様な感じで書いてある。
3. 22ページ目左側に、”PCI-Xでは FSTOROBE/SSTOROBE という信号が追加される”という記述があったが、いつ、FSTOROBE/SSTOROBE という信号が追加されたのだろうか? 私のPCI-Xバス・モジュールではFSTOROBE/SSTOROBE という信号はサポートしていないが、正常に動作するようだ。
4. 27ページ目で右側で、”SRAMベースのFPGAの場合は、PCI Expressの物理層が満たすべき、電源投入時の動作などを満たせない”とあるが、Virtex-5LXTなども満たせないのだろうか?(8ビットでコンフィギュレーションしてもだめ?)


何か、PCI-Xの部分は怪しい気がするのは気のせいだろうか?

注:””の中の文は、原文どおりではありません。
  1. 2007年09月23日 13:03 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”PCI”の目次

PCIはPCI機能の説明と、PCI-Xモジュールの製作過程に分かれる。

PCI
PCIモジュール1(うちの基板のコンフィギュレーション・レジスタ・マップ、PCIのコンフィギュレーション方法を紹介)
PCIモジュール2(PCIターゲットアクセスについて。ステート図、シミュレーションのwave付き)
PCIモジュール3(PCIマスタアクセスについて、ステートマシンは載せていないが、IOB付近のデータパスの図を添付)
PCIボードの起動時間(FPGAのコンフィギュレーション時間とPCIボードの起動時間について考察)
あるパソコンでのPCIマスタアクセス波形(XeonプロセッサのパソコンのPCI66MHz,64bitボードからパソコンのメモリへPCIマスタリードしたときのChipscope波形。PCIリードを何回か繰り返した後リードできている。Chipscopeで信号をまとめてバスとして16進で表示する方法)

PCI-X
PCI-Xモジュールについて(PCI-Xについて、いろいろ考えている)
PCI-Xバス・モジュール(コンフィグレーション・アクセスとメモリ・リード、メモリ・ライトにDWORDアクセスで応答するPCI-Xターゲット・モジュールができた)
PCI-Xターゲット・モジュールのシミュレーション(PCI-Xのコンフィギュレーション・アクセスのReadとWriteの時のシミュレーション波形)
PCI-Xバス・モジュールのテスト(PCI-Xのコンフィギュレーション・アクセス、ターゲット・アクセスを検証するためのテストモジュールをインプリメントして、ボードにダウンロード。Linuxホストを立ち上げたら、一発で認識。やったーーー!!! )
PCI-Xバス・モジュールのテスト(続き1)(PCIコマンド・レジスタのビット1(メモリ領域イネーブルビット)が1のときにヒット判定をしなくてはいけないのを忘れていた。バグフィックス)
PCI-Xバス・モジュールのテスト(続き2)(PCI-Xのコンフィギュレーション・リードのChipScope波形。PCIステータスレジスタ(0x06)の bit4 (Capabilities List ビット)に 1 を立てるのを忘れていた。WORDリードアクセス時のChipScope波形。)
PCI-Xバス・モジュールのテスト(続き3)(PCI-Xステータス・レジスタを読んでいるのを確認。BIOSで読んでいるのではなく、Linuxが読んでいるような感じだった。 )
PCI-Xバス・モジュールのテスト(続き4)(Configuration WriteのChipScope波形)
PCI-Xバス・ターゲット・モジュールのテスト(終了)(PCI-Xバス・ターゲット・モジュールは Single Data Phase Disconnection を組み込んで、バックエンドがビジーの場合はリトライを返すことにした。テスト回路で3回リトライを繰り返した後で正常に Write した時のChipScope波形。テスト回路で3回リトライを繰り返した後で正常に Read した時のChipScope波形)
PCI-Xマスタ・モジュールの難しさ(PCI-Xマスタ・モジュールの難しさの愚痴をせつせつと書いてある)
PCI-Xマスタ・モジュール(PCI-Xマスタ・モジュールがだいぶできてきた)
PCI-Xマスタ・モジュールのシミュレーション(PCI-Xマスタ・モジュールのシミュレーションが大体できた)
PCI-Xマスタ・モジュールのテスト(PCI-Xのマスタ・リードを Memory Read Block コマンドで転送長を8バイト、REQ64#を0にアサートして、64ビットアクセスとしてアクセスした。そうするとホストはスプリット応答で返した。 )
PCI-Xマスタ・モジュールのテスト2(このチップセットは、転送長が8バイトでは、REQ64#をアサートしても、スプリット完了のデータ転送は32ビット幅でした。しかし、転送長を16バイトにしてみたところ、スプリット完了のデータ転送は、チップセットがREQ64#をアサートして64ビット幅のデータ転送になった。 Chipscope波形あり)
チップセットのPCI-Xスプリット完了トランザクション(PCI-Xマスタ・アクセスで、512byteをバースト読み出ししてみた。そうすると、例によってスプリット応答が返ってきた。ADBによる中断。Chipscope波形あり)
PCI-Xのスプリット完了(1Kbyte)(ホストパソコンのメモリ1Kbyteをバースト・リード (マスタ・アクセスでPCI-X Memory Read Block) してみた。そうしたら512byteごとに分割されて転送されてしまった。Chipscope波形あり)
  1. 2007年09月23日 11:46 |
  2. カテゴリ別の目次
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”Timing Analyzerの使い方”の目次

Timing Analyzerは他のカテゴリの記事でも、頻繁に使用しているが、特に普段使わない使用法をこのカテゴリで紹介している。

ISEで任意のパスのディレイを見る方法
(TIming Analyzerの Analyze against Users Paths by defining Endpoint 機能を使用して任意のパスのディレイを見る方法。サンプルプロジェクトを用意し、キャプチャ画像を使用して説明している)
ISEで任意のパスのディレイを見る方法2(ISEで任意のパスのディレイを見る方法を使用して、使用スライスの位置をFloorPlannerを使用して移動し、クロックディレイの差を比較検討している)
ISEで任意のパスのディレイを見る方法3(Timing Analyzerの便利な使い方と他のカテゴリのTiming Analyzerの使い方へのリンク)

他のカテゴリのTiming Analyzerの使い方
Floorplannerの使い方覚書1(TIming Analyzerの基本的な使用方法とFloorPlannerとの連携方法を詳しく説明)
Floorplannerの使い方覚書3(TIming Analyzerの基本的な使用方法とFloorPlannerとの連携方法を詳しく説明)
Spartan3Eの入力用プログラマブル遅延素子(Timing Analyzerの Analyze against User Specified Path by defining Clock and IO Timing 機能を使用して入力端子のセットアップ時間を計算。キャプチャ図入りで説明)
  1. 2007年09月23日 05:15 |
  2. カテゴリ別の目次
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0