FC2カウンター FPGAの部屋 2007年09月29日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

カテゴリの目次作成が終了した

カテゴリの目次作成が終了した。とりあえず一区切り。
さて、次は何をやろうかな?

とりあえず、ET2007に行ってみることにした。木曜日しか行けないのでエントリしました。
FPGAトラックはすべて聴講にチェックしましたが、それだと展示場を見る時間がないような気が???
  1. 2007年09月29日 18:31 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”FPGAリテラシーおよびチュートリアル”の目次

やはり、ブログなので、新しい順に記事が並んでしまう。
そこで、FPGAリテラシーおよびチュートリアル・カテゴリの主なコンテンツの目次を作ることにした。
FPGAリテラシーおよびチュートリアルはISE8.1iだが、今のISE9.2iと大体同じなので使えると思う。(iMPACTの統合などの細かい違いはあるのだが。。。)
結構、このチュートリアルシリーズ使えると自分では思っています。特にシミュレーション編などはお気に入りです。サンプルプロジェクトを用意して、図を豊富に使って、丁寧に説明していると思っています。

スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル1(導入編)

スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル2(プロジェクト作成)
スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル3(シミュレーション準備編)
スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル4(シミュレーション編)
スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル5(インプリメンテーション編)
スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル6(インプリメンテーション編続き)
スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル7(コンフィギュレーション編)
スパルタン3スタータキットでのISE8.1iのチュートリアル8(コンフィギュレーション編続き)
シリアルインターフェース(RS-232C)の説明

その他のこのカテゴリの記事

7セグメントLEDを何個ダイナミック点灯できるか?(7セグメントLEDを何個ダイナミック点灯できるかを実際にプロジェクトを作ってやってみた。自分的には限界は8個くらいかな?以前からどのくらい大丈夫なのか疑問だったのだ)
7セグメントLEDを何個ダイナミック点灯できるか?2(スパルタン3スタータキット用のプロジェクトをダウンロードして試せます(リンクがわかりにくいので注意)。電圧波形をオシロで測定しました)
スイッチのチャタリング(スイッチのチャタリングをスパルタン3スタータキットで実際に確かめてみた。スパルタン3スタータキット用のプロジェクトをダウンロードして試せます(リンクがわかりにくいので注意))
  1. 2007年09月29日 05:48 |
  2. カテゴリ別の目次
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

”プリント板の作成過程”の目次

このカテゴリを見直してみて、いろいろな人のアドバイスに助けられているということを痛感した。皆様本当にありがとうございます。

ボード作製初期のデバック(前に作った基板の作成過程)
プリント基板の設計(Virtex2proのRocketIOやDDR SDRAMを使うと、電源が沢山必要になるという話題)
Virtex2proの3.3VのIO電圧(見たマニュアルが古いためにあたふたしてしまった。教訓:日本語のマニュアルだけでは危ない。必ず英語版も見ること。)
回路図入力大詰め
近頃のお仕事(最近のお仕事は基板の回路図のネットリストを元に回路図の間違い探しという、面白くも無い大変なお仕事)
基板設計(基板やさんに、いろいろお願いしたこと)
クロックの信号品質(FPGAに水晶発信器からクロックを入力して、そのクロックをFPGAのほかのピンから出力してSDRAM4個とPowerPCにクロックを供給している。クロック周波数は133MHzだ)
高速?(133MHz)クロックの配線について(FPGAから外部デバイスへのクロックを接続するためのトポロジを図を描いて検討した。出力が1本にすると反射やドライブ能力の点でだめ。結局、PPC、SDRAM2こずつに分けた。皆様貴重なご意見ありがとうございます)
伝送線路シミュレーションの解析に苦戦中(伝送線路シミュレータの出力波形が乱れているので、どうしたものか悩んでいる)
プリント基板のデータバスの信号品質(今度はSDRAMからの出力信号も信号の変化点で乱れるようになってしまった。基板を作るのも大変ですね)
SDRAM動作不良(どうやら、SDRAMの根本かダンピング抵抗当たりでとなりのデータビットとショートしているようだ)
続:SDRAM動作不良(送って調べてもらったところダンピング抵抗用の抵抗アレイで隣同士がショートしていた。半田付けの不良も注意しなければ、20枚中2枚ショートしていた)
うちのボードのリセット回路とFPGAのコンフィギュレーション(うちのボードのリセット回路とFPGAのコンフィギュレーションの状況をブロック図を用いて詳述した)
  1. 2007年09月29日 05:35 |
  2. カテゴリ別の目次
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0