FC2カウンター FPGAの部屋 2008年05月23日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

近況 (2008/05/23)

DDR2 SDRAMコントローラは、詳細なシミュレーションは後回しにして、実際にISE10.1.01でインプリメントしてやってみたら動作しなかった。Chipscopeをかけてデータを取ってみたら、PS3レジスタの値(DQの遅延を変化させてデータをリードし、最適な遅延を計算した結果を保存するレジスタ)に3Dが入っていた。PS1もPS2レジスタも3Dなので、データがうまくリードできていないようだ。
Chipscopeで初期化処理、つまり遅延値を変えて、リードしまくり、データを読むところを見たいのだが、リセットボタンがないので、押しボタンSWにアサインする必要がある。
しかし、Chipscope10.1.01はISEで、Chipscopeコアを入れたインプリメントをするのに、だいぶ時間がかかる。いつのころから、Translateに、こんなに時間がかかるようになったのだろうか? うちのおんぼろマシンでは負荷が重すぎる。そろそろ買い替え時かな? 今度のボーナスで考えよう。。。
下の理由もあって、今週はあまり進んでいない。仕事が終わって、家に帰ってからと早朝の時間では、時間が細切れになって使いづらい。土日に頑張るか。。。

この前、ブックオフに行ったら、新谷かおるのエリア88とふたり鷹(マンガ)を見つけてしまった。1冊105円だったので、思わず購入してしまった。今週は、そのマンガを読んでいたので、だいぶ時間をとられてしまった。

仕事の方は、相変わらず新しい基板の回路をアーキテクチャから定義して作っているが、1人でやっているで、時々考えに詰まったりする。だれか、テストベンチを書いてくれる人がいないかな?といつも思っている。(いないけれど。。。まだ、そんな品質ではないという話も。。。)

とりあえず、ケースというか基板を取り付けるベースをアルミ板で作ることになった。穴あけ、やすりがけをしないといけない。その前に機構設計(そんな大したものでもないが。。。)をしないと。。。
  1. 2008年05月23日 12:25 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2