FC2カウンター FPGAの部屋 2009年05月03日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

今日の日記(2009/05/03)

家の石油給湯機からぽたぽた水が漏れていたので、修理を頼んだら、熱交換機から漏れているそうである。家の石油給湯器は15年前に買ったノーリツ製のOTQ-3101AYだ。もう古くて交換部品がなく修理ができないそうだ。この際に、石油の価格は不安定だし、石油を補充するのが面倒なので、エコキュートか電気温水器にしようとおもったのだが、井戸水だとだめだそうだ。残念。。。
ホームセンターで値段を聞いて来たら、ノーリツの石油給湯器は定価の半額だそうだ。そんなに価格が下がるんですか?定価はあってないようなもの?その他取り付け費用とかがあるけど、思ったよりお金はかからないようだ。

午後からは奥さんが仕事で、下の娘がどこにも行けないでかわいそうなので、下妻のジャスコへお買い物。そういえば、私のスニーカーがぼろぼろなので、この機会に購入した。
ふうりん堂という昔懐かしい駄菓子がたくさん売っているお店があったので、串かすてらや赤いスモモ、串に刺したイカなどを購入した。でも、昔懐かしいものは少ないような。(糸引き飴や棒ゼリーがない)現代風の駄菓子屋ですね。
(串カステラと串イカです。スモモは食べられた後でした)
kasutera_ika_090503.jpg
  1. 2009年05月03日 19:12 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ISE11.1iとISE10.1の比較

Mico32のプロジェクトでISE11.1iとISE10.1 SP3の比較をしてみた。
Mico32のプロジェクトは、本来は50MHzの動作なのだが、どのくらいの余裕があるかをみるために、クロック周期の制約を15ns、つまり66.7MHzにしてみた。
ISE11.1iとISE10.1のサマリを並べてみたのが下の図。
ISE11vsISE10_1_090502.png

これでDesign StrategyはDefaultの状態。ISE11.1のほうがNumber of Slice Flig FlopsとNumber of 4 input LUTsが少し少ない。逆にNumber of occupied SlicesはISE11.1のほうが多い。タイミング制約のエラーが出ている。
次に双方のTiming Analyzerの結果を下の図に示す。
ISE11vsISE10_2_090502.png

ISE11.1のData Path Delayは7.5nsの制約のところ、(ここはDDR SDRAMのコントローラなので、入力クロックの2倍で動作している)9.044nsでLevels of Logic = 6だが、ISE10.1はData Path Delayは10.375nsでevels of Logic = 7となっている。DefaultではISE11.1のほうが少しいいのかな?

次にISEの設定を可能な限りがんばるように設定を変えてみるXSTプロパティのEffortをHigh、MAPのOptimization StrategyをSpeed、Place & RouteのPlace & Route Effort Level をHigh、Extra EffortをContinue on Impossibleに変更した。言ってみれば、がんばる設定にして、もう一度、双方とも論理合成、インプリメントをしてみた。下が結果。
ISE11vsISE10_4_090502.png

ISE11.1は、Defaultの結果とは、Number of 4 input LUTsが3個多くなっているほかは変化がない。ISE10.1も微妙な増え方で、がんばる設定にしても、それほどロジックが増えない感じ。
Timingはどうなのか?気になるのでTiming Analyzerの比較を下のの図に示す。
ISE11vsISE10_3_090502.png

ISE11.1は-1.551nsが-1.276nsになって改善されている。クリティカルパスは変化している。やはりDDR SDRAMコントローラ部分のクロックの立下りを使ったFFから立ち上がりを使ったFFまでなので、制約は3.75nsだった。ISE10.1は10.375nsから9.425nsに改善された。

このプロジェクトに関してはISE11.1のほうが若干ではあるが性能が良いような気もするが微妙か?
とりあえず、がんばる設定にしたほうが若干、性能が良くなることが分かった。(ランタイムは長くなる)
#でも性能が良くなっていかどうかは微妙化も?ISE11.1では、若干クリティカルパスは短くなっているが3.75nsに対する割合で言ったら割合が大きくなっているし、ケースバイケース?

そういえば、デュアルコアは良いですね。2つのISEを同時にインプリメントできます。そうするとCPU使用率は100%になって、CPUファンも高速に回っているみたいですが。。。こんなときにデュアルコアが効いてきますね。
  1. 2009年05月03日 07:56 |
  2. Xilinx ISEについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0