FC2カウンター FPGAの部屋 2010年04月14日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ISimでOVLのVHDL, Verilog混在シミュレーション(ISimでシミュレーション)

ISimでOVLのVHDL, Verilog混在シミュレーション(OVLライブラリのコンパイルと登録)”でISimでOVLライブラリのコンパイルとライブラリの登録をした。
今度は、ISimでシミュレーションをしてみようと思う。以前に”VHDLでOVLアサーションを使用する3(VHDLからVerilog OVLを使用する)”で使用したファイルを使用する。テストベンチのtb_req_ack.vhdはこの記事に載っているが、proj_pkg.vhd, req_sm.vhd, ack_sm は”VHDLでOVLアサーションを使用する2(VHDLライブラリを使用)”を参照。
今まではコマンドラインでコンパイルしていたが、今度はGUIを使用することにする。

1. 最初に、ISE11.5でプロジェクトを作成して、tb_req_ack.vhd, proj_pkg.vhd, req_sm.vhd, ack_sm をプロジェクトに追加する。Sources for: のSimulationのラジオボタンをクリックして、Behavioralを選択する。
OVL_ISim_3_100411.png

2. ProcessesペインのISim Simulator の+をクリックして展開し、Simulate Behavioral Modelを右クリックすると、ISimのプロパティダイアログが表示される。Process Properties...を選択し、Specify Search Directories for 'Include と Specify 'define Macro Name and Value を下の図のように設定する。(VHDLファイルをコンパイルしているので、この設定はいらないかも?ライブラリをコンパイルするときdefineしているわけだし。。。後で確かめてみます)
OVL_ISim_4_100411.png

3. Simulate Behavioral Modelをダブルクリックしてシミュレーションを開始するとエラーが出てしまった。ovl_nextとovl_frameのgeneric にcontrols がないというエラーだった。これは、VerilogのOVLを使用しているので、当然だと思う。ModelSimは通ってしまっているが、generic というかVerilogだとパラメータに定義してなくても無視するのかな?ovl_nextとovl_frameのcontrols をコメントアウトした。

4. もう一度、imulate Behavioral Modelをダブルクリックしてシミュレーションを開始した。4つのコンパイルモジュールのエラーが出たが、ISimのウインドウが出てきて、シミュレーションをすることができた。
OVL_ISim_5_100414.png

OVL_ISim_6_100411.png

Consoleには、OVL_NEXTとOVL_FRAMEのエラーメッセージも出ている。
OVL_ISim_7_100411.png

これで、フリーのISimでも、OVLのVerilog、VHDL混在シミュレーションをすることができた。
  1. 2010年04月14日 05:28 |
  2. ISim
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0