FC2カウンター FPGAの部屋 2010年04月17日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ランバーコアに桧を貼りつけました

今日は木工もしました。今、4つ引き出しがあるの収納家具を作っています。
ですが、引き出しはSPF材で作って表面板だけ桧を貼りつけます。引き出しを載せる板は、狂いが少ない21mm厚のシナランバーコアに桧を木工用ボンドで貼りつけます。その貼りつける工程をやっていました。下が張り付けているところです。貼りつける板に木工用ボンドを塗り、桧の角棒とランバーコアを貼りつけます。そして、自作クランプで当て木をして、締めているところです。これで4時間ほどおけば接着完了です。
hinoki_ranber_1_100417.jpg

はみ出した接着剤は濡れた布で拭きとってあります。桧の幅の狭い板から角棒を切り出すのが難しかったですね。1mmの狂いもなくまっすぐに切らないと家具が狂ってしまいます。丸のこがかからないので、当て木をしてクランプで止めながら切りました。
下の写真は貼りつけたところです。(今の張り付けている板の前に貼りつけた板です)
hinoki_ranber_2_100417.jpg

桧は本当に良い匂いですよ。おがくずを布袋に入れると、いい匂いのするクッションになるし、余った木切れをお風呂に入れて、桧風呂にして楽しんでいます。本当に良い匂いです。花粉は怖いですけどね。。。
  1. 2010年04月17日 11:55 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の大雪

今日は今シーズン一番の大雪でした。朝6時頃はかなり降っていました。今は晴れてきて、とけてきちゃいましたが。。。びっくりしましたね。この時期に雪が降るなんて、記憶にありません。
写真は家の庭から撮った雪景色です。
yukigeshiki_100417.jpg
  1. 2010年04月17日 11:37 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SP605のBuilt-In System Testをやってみた

前回のBase Reference Designはうまくいかなかったので、もう1つのテスト、Built-In System Test (BIST)をやった見た。

前回と同じように、”ザイリンクス Spartan-6 FPGA SP605 評価キット スタートアップ ガイド”の21ページから27ページを参照した。
前回と大体同じだが、System ACE CFイメージ選択 DIP スイッチ(S1)を1101から、0001に変更した。更に、基板の上側のUSB Mini-B にUSBケーブルを接続して、パソコンにつないだ。付属のUSBメモリからドライバをインストールした。
TeraTermをインストールし、シリアルの設定をして、SP605のSW9を押して、FPGAのコンフィギュレーション?をした。
そうするとシリアル(TeraTerm)のウインドウにメニューが出てきた。
BIST_Demo_1_100416.png

MicroBlazeは動作しているようだ。最初に”1: UART Test”をするために1のキーを押すと、下の図のようにUART Test Passed になった。USB-UARTも大丈夫そうだ。
BIST_Demo_2_100416.png

LED TestもTimer TestもPassedになってOK。”4: FLASH Test”のメッセージ。これも問題なく通ったようだ。
BIST_Demo_3_100416.png

IIC Test, Ethernet Loopback Test, Switch TestもOKだった。”8: External Memory Test"を行った。下の図がやっている様子だ。BIST_Demo_4_100416.png

これはテスト時間が長かった。DDR3 SDRAMをテストしているんだろう。問題なく通ったようだ。
BIST_Demo_5_100416.png

SPI Test, PushButton Test, System ACE CF TestもOKだった。最後のDVI/VGA Testをすると、画面が原色を表示して行って最後にカラーバーを表示した。
BIST_Demo_6_100416.png

BIST_Demo_7_100417.jpg

これで、Base Reference Designは動作しなかったが、BISTは通ったのでボードのハードウェアは安心だ。良かった。
  1. 2010年04月17日 04:36 |
  2. Spartan-6 FPGA SP605 評価キット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0