FC2カウンター FPGAの部屋 2010年05月03日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

4つ引き出しがある桧の収納家具作り2

4つ引き出しがある桧の収納家具作り1”で棚板を切って、側板の溝を掘った。

今日は棚板と側板と幕板を組み立てた。棚板を側板にコースレッドで止めた。この組み立てるときに、持っていてもらった方が良いので、うちの親父に協力を願って、持っていてもらったので、スムーズに行った。皆さんこんな時はどうしているんだろう?組立用の治具があるんだろうか?調べてみよう。とにかく、下の写真のようにできた。まだ天板はネジ止めしていない。
syuunoukagu_4_100503.jpg

後は、引き出しを4つ作る必要がある。これが難しいのだが、逆に言うと楽しめる作業ということでもある。楽しんで作りたい。

明日は、奥さんの実家の田植の手伝いだ。機械植えは昨日終わったのだが、田植機か苗の生え方が悪くて、苗が植えられていないところがある。を田んぼを歩いて、そこに手植えする作業(直し)を行う。田んぼを歩くと抵抗が大きいので、疲れるのだ。。。
  1. 2010年05月03日 20:44 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SP605用のMCBのインプリメント

前回までで、SP605用のMCBのサンプル回路の動作をシミュレーションで見てきたが、今度はインプリメントしてみようと思う。インプリメントは前に、”Spartan-6のMemory Controller Block(MCB) を試してみた”でやっているが、SP605用ということでやってみた。

mig33\example_design\parフォルダのcreate_ise.batを起動して、ISE11.5のプロジェクトを作成した。起動すると時間がかかって、test.xiseができた。
MCB_implement_1_100502.png

ISE11.5を起動して、先程のtest.xiseを読み込むと、下図のようになった。
MCB_implement_2_100502.png

インプリメントしてみると、Translateプロセスでエラーが発生した。
MCB_implement_3_100502.png

ChipScopeがないというエラーだった。ChipScopeは評価期限が過ぎているので使えない。どこが悪いのか調べたところ、”SP605用のMCBをMIGで生成する”で生成した時の13.の設定を変えれば良いことがわかった。
SP605_MIG_13_100421.png

上図のDebug Signals for Memory Conteroller をDisableに設定した。これでDDR3 SDRAMコントローラを生成して、もう一度、create_ise.batを起動した。(mig33\example_design\parフォルダの内容はCORE Generatorで再ジェネレートする前に削除した)
そうしたら、mig33\example_design\parフォルダの内容は、大分寂しくなった。
MCB_implement_4_100502.png

下の図がISE11.5を立ち上げて、再度test.xiseプロジェクトを読み込んだところ。
MCB_implement_5_100502.png

インプリメントしたが問題なくインプリメントすることができた。
MCB_implement_6_100502.png

使われているMCBをFPGA Editorで見た。他にもロジックが使われている。
MCB_implement_7_100502.png

今度は、XSTで階層をキープして論理合成してみた。RTLビューで見てみたが、DDR3 SDRAMコントローラはMCBだけではなく、IODRP2_MCBやOSERDES、キャリブレーション用ロジックなど多くの要素で構成されている。やはり、MCB単体で使用するのは難しく、CORE Generatorを使う必要があると思った。memc2_wrapper_inst の中身の一部を下図に示す。
MCB_implement_8_100502.png

水色に選択されているのがMCBだ。
  1. 2010年05月03日 05:20 |
  2. Spartan-6 FPGA SP605 評価キット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0