FC2カウンター FPGAの部屋 2010年10月26日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AlteraのFPGAでのクロック出力とデータ出力2(Assignment Editorを使ってみる1)

さて、”AlteraのFPGAでのクロック出力とデータ出力1”では、Verilogだけ書いて、Quartus IIおまかせでやってみたが、今度は、Assignment Editorを使ってみることにした。長船さんに教えていただいたFAST_OUTPUT_REGISTER属性と、FAST_INPUT_REGISTER属性を試してみることにする。(Quartus II 10.0 SP1を使用)

最初に、Assignment Editorを立ち上げる。Assignmentメニューから、Assignment Editorを選択する。もしくは、Assignment Editorアイコンをクリックする。
CLK_DATA_test_8_101025.png

Assignment Editorが起動した。でも、何も項目が入っていない。これでは、Assignmentできない。
CLK_DATA_test_9_101025.png

これは。。。というわけで、IOピンを制約しないとだめなんだろうと思った。そこで、Assignment Editorを終了して、バックアノテーションしてみることにした。
AssignmentメニューからBack-Annotate Assignments... を選択する。
CLK_DATA_test_10_101025.png

Back-Annotate Assignmentsダイアログが開く。Pin & device assignmetsのラジオボタンをチェックしてOKボタンをクリックすると、Pinとデバイスを固定できるはず。。。OKボタンを押した。
CLK_DATA_test_11_101025.png

Assignment Editorを開くと今度は、固定されたIOピンが表示された。(後で、IOピンをバックアノテーションしなくても大丈夫そうということがわかりました)(とりあえず書いたので、このままにします、IOピンなどのバックアノテートのサンプルとします。ただしAlteraのコンフィグ関係のIOマップは消去しました)
CLK_DATA_test_12_101026.png

次に、出力ピンにFast Output Register属性を付加する。
下のTo Create New assignmentsからToの下のスペースを ダブルクリックすると、Node Finderのアイコンが出てくるので、それをクリックする。
CLK_DATA_test_13_101026.png

Node Finderのダイアログが出てくるので、Listボタンをクリックする。
CLK_DATA_test_14_101026.png

ノードが左のNodes Found:に表示されれる。8個のdoutを選択して、真ん中の>ボタンをクリックすると、右のSelected Nodes:に8このdoutが表示される。これでOKボタンをクリックする。
CLK_DATA_test_15_101026.png

これで8このdoutがToの項に入った。次にAssignment Nameを入力する。これは、プルダウンメニューで、Fast Output Registerを選択する。
CLK_DATA_test_16_101026.png

次に、Valueを入力する。これもプルダウンメニューでOnを選択する。
CLK_DATA_test_17_101026.png

必要な値は全部入った。Createボタンをクリックする。
CLK_DATA_test_18_101026.png

これで、dout[0]~dout[8]にFast Output Register属性が設定された。
CLK_DATA_test_19_101026.png

Saveして、Assignment Editorを終了し、もう一度コンパイルする。
Chip Plannerを起動して、dout[3]をResource Property Editorで見てみた。d2[3]のFFがI/Oセルに実装された。
CLK_DATA_test_20_101026.png

FAST_INPUT_REGISTER属性を試すところまで行かなかったが、次回試してみることにする。

# Alteraのアサインメント・エディタの日本語マニュアルが古くて、10.0 SP1のGUIにあってなかった。どうやってやるのか迷ってしまった。英語のマニュアルも詳しい説明書が見つからなかった。
  1. 2010年10月26日 05:34 |
  2. QuartusⅡ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0