FC2カウンター FPGAの部屋 2011年05月28日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Verilatorを試してみる5(SystemCモード1:SystemCのインストール)

前回は、VerilatorでC++のテストベンチでシミュレーションしたが、今度はSystemCをインストールしてテストベンチをSystemCで書いてみようと思う。

C++モードと同様に、武内さんの”電気回路/HDL/SystemC の導入”に従ってインストールしたが、途中でbambooflow Noteの”インストールメモ”の”SystemC-2.2インストール(Cygwin)”を参考にしてインストールした。

最初にCygwinの自分のホームの下にsystemcディレクトリを作成して、SystemCのファイルを”Download Standards”からダウンロードした。(ダウンロードの際に簡単な登録が必要。参照Webページ
ブラウザで、Cygwinのホームの下のsystemcの下にダウンロードした。

次に、tarで解凍しようとしたが、エラーが出てしまった。
Verilator_13_110528.png

これは、Windows上でLhaplusで解凍した。
Verilator_14_110528.png

~/systemc/systemc-2.2.0/src/sysc/utils/sc_utils_ids.cpp のインクルード文の前に

#include "string.h"
#include "cstdlib"


を追加した。
~/systemc/systemc-2.2.0/src/sysc/kernel/sc_constants.h の57行目を

const int SC_DEFAULT_STACK_SIZE = 0x50000;


に変更した。

次のコマンドを入力して、SystemCのインストールを行った。

$ mkdir objdir
$ cd objdir/
$ export CXX=g++
$ ../configure
$ make pthreads
$ make install
$ make check
$ make pthreads_check


でインストールが完了した。SystemCライブラリが~/systemc/systemc-2.2.0/にインストールされたそうだ。

電気回路/HDL/SystemC の導入”に載っているサンプルをコンパイル、make、実行してみた。結果を下に示す。
Verilator_15_110528.png

うまく行ったようだ。

次に、bin2bcd_sc.cpp の35,36行目を下のように変更してやってみた。

    while(busy){
        sc_start(10, SC_NS);
        cout << "bcd = ";
        cout << hex << showbase << bcd << endl;
    }


うまく表示してくれた。
Verilator_16_110528.png

  1. 2011年05月28日 13:09 |
  2. シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0