FC2カウンター FPGAの部屋 2011年09月14日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Arduinoシミュレータ

Arduinoのシミュレータがないかネットで検索していたら、”Virtual BreadBoardのArduinoシミュレータで遊んで見る”のページが検索できました。

VirtualBreadBoardというシミュレータがあるようです。ダウンロードして、試してみると本格的なシミュレータのようでした。Arduinoを選択して、いろんな部品を付けられるようですね。
VirtualBreadBoard_1_110914.png

再生ボタンをクリックすると、実際の動作をシミュレーションします。ここでは、Blinkなので、右はじのLEDが点滅します。
VirtualBreadBoard_2_110914.png

スケッチ(プログラミング)を変えて、0ポートのLEDと1ポートのLEDを交互に点灯するようにしました。スケッチはBlinkを修正してあります。

const int ledPin = 0  ;   // LED connected to digital pin 13

// The setup() method runs once, when the sketch starts

void setup()   {                
    // initialize the digital pin as an output:

    pinMode(ledPin, OUTPUT); 
    pinMode(1, OUTPUT);

}

// the loop() method runs over and over again,
// as long as the Arduino has power

void loop()                     
{

    digitalWrite(ledPin, HIGH);   // set the LED on
    digitalWrite(1, LOW);
    delay(1000);                  // wait for a second
    digitalWrite(ledPin, LOW);    // set the LED off
    digitalWrite(1, HIGH);
    delay(1000);                  // wait for a second
  
}


これを実行すると0番のLEDと1番のLEDが交互に点滅するようになりました。

新規回路の作り方は、”Virtual BreadBoardのArduinoシミュレータで遊んで見る”のページに書いてありますし、動画もありました。

それから、Windows7 64ビット版のパソコンだと動作に問題がないのですが、家のWindows XPだと、動作が止まってしまう時があります。なんか問題があるのかもしれません。
まだ全然使いこなしてないですが、とにかく機能が多くて便利に使えるシミュレータだと思います。
  1. 2011年09月14日 04:35 |
  2. マイコン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0