FC2カウンター FPGAの部屋 2011年11月
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ステレオカメラ基板作成7(OV9655基板2)

aitendoのOV9655モジュール用のステレオカメラ基板が出来上がったので、Fusion PCBに発注しました。
いつも注文するときはドキドキします。

最終的な基板を下に示します。
StereoCamBoard_27_111102.png

ほとんどOV7670のステレオカメラ基板と同じですが、OV9655モジュールのピン配置が違うので、FPGAのピン番号が違っています。基板にFPGAのピン番号を合わせることにします。途中で1ピン空いていますが、XCLKを出力するFPGAのペアピンをわざと空きにしてあります。
その理由は、XCLKだけ他の信号のクロックと別系統になっています。FPGAのペアのピンのIOB内のクロックの配線はマルチされているので、XCLKを出力しているFPGAのペアのピンはIOBに入力のFFを配置することができません。それでわざと空きにしています。
  1. 2011年11月02日 05:29 |
  2. プリント基板作成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステレオカメラ基板作成6(OV9655基板1)

OV7670用のステレオカメラ基板がうまく動作しました。FPGA-CAFEでオシロスコープを借用して測定した結果、PCLKの位相もHREF、VSYNCとも2つのカメラの波形がピッタリ一致しました。これでだいぶ回路的に楽になりました。

次に、続けて、OV9655用のステレオカメラ基板を設計しています。ほとんどOV7670用の基板と同じなのですが、今度は18ピンです。(OV7670は16ピン)18ピンは秋月にピンソケットが売っていないので、20ピンのピンソケットも付けられるようになっています。(私は直付けですが。。。)

現在、大体、基板のパターンができたところです。これに銅箔をかぶせて出来上がりです。

下に回路図の一部を示します。
StereoCamBoard_25_111101.png

ステレオカメラ基板なので、もう1つOV9655モジュールがあります。

下に現在のPCB基板を示します。
StereoCamBoard_26_111101.png

出来れば、明日にでもFusion PCBに発注しようと思います。

今度は基板のレジストの色を白にしようと思っています。
  1. 2011年11月01日 04:39 |
  2. プリント基板作成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0