FC2カウンター FPGAの部屋 2011年11月29日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

MTM07用のPOP

MTM07用のPOPを作りました。

下の部屋の様子を青赤メガネで見ると立体に見えますよ。MTM07に見に来てください。
Make: Tokyo Meeting 07プログラムガイド”の2ページ目の百年記念館のFPGA-CAFE/Fablab Tsukubaのブースで出ます。
MTM7_POP_111129.jpg

  1. 2011年11月29日 20:11 |
  2. Make出展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Altium DesignerのSignal Integrityサンプルをやってみた

Altium DesignerのExamples と Reference Designs のダウンロードページの内のSignal Integrityの内のDifferential Pairをやってみた。

1.Altium Designerを立ち上げて、ファイルメニューから”プロジェクトを開く”を選択する。

2.Signal Integrityフォルダの下のDifferential Pairフォルダを開いて、DifferentialPair.PrjPCBを選択する。

3.Source Documentsの下の DifferentialPair.SchDoc をダブルクリックして開いた。
下の図は回路図を開いたところだ。2つのFPGA、XC2S200E-6PQ208Cが2つ配置されていた。
Altium_Designer_9_111129.png

4.DifferentialPair.PCBDOCをダブルクリックして開いた。DifferentialPairだけ配線されていた。
Altium_Designer_10_111129.png

5.回路図のDifferential Pair部分を拡大する。左のU1の123,122番ピンと右のU2の33,34番ピンがDifferential Pairとして接続されている。
Altium_Designer_11_111129.png

6.ツールメニューからシグナル インテグリティを選択する。

7.シグナル インテグリティ ダイアログが開く。REC_Pをダブルクリックした。
Altium_Designer_12_111129.png

8.Reflections...ボタンをクリックすると、シミュレーション波形が表示された。
Altium_Designer_13_111129.png

波形入力はどこでやるんだろう?まだ良く分からない?

(2011/11/30:追記)
くりさんに波形入力をどこで設定するかを教えて頂きました。ありがとうございました。

・デザインメニューからデザインルールを選択する。

・PCB ルールと制約条件編集ダイアログが開く。Signal Integrityを展開して、その下のSignal Simulusを開く。

・SinalStimulus_NとSinalStimulus_POSを編集する。

・クロック波形(Periodic Pulse)、ストップ タイム20ns、周期タイム20nsに変更した。つまり、50MHzのクロックとした。
Altium_Designer_14_111130.png

・これで、シグナル インテグリティ解析を実行した。その後の波形を下に示す。
Altium_Designer_15_111130.png

なんか、大分波形が乱れている気がする。

後で、HDMIの基板を作る予定だが、安い基板でどのくらい波形が乱れるかをシミュレーションしたいと思っている。モデルの精度が心配だが、大体の波形を見たいと思っている。

  1. 2011年11月29日 05:44 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2