FC2カウンター FPGAの部屋 2012年02月03日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Altium Designer でIntegrated Library を作る1(回路図ライブラリ編)

Altium Desiger でIntegarated Library を作成する方法を書いておこうと思う。

2つのパーツライブラリを作成する。1つは74HC4518で、1このパッケージに2つのBCDカウンタが入っているICだ。もう1つは74HC4511で7セグメントLEDのデコーダだ。

それでは、Integarated Library を新規作成するところから。

・ファイルメニューから新規 -> プロジェクト -> 統合ライブラリを選択する。

・Integrated Library1.LibPkg というプロジェクトができる。そこで右クリックメニューからプロジェクトの保存を選択して、Integrated_Library_Test2.LibPkg という名前で保存した。
Altium_Desiger2_22_120203.png

・ファイルメニューから新規 -> ライブラリ -> 回路図ライブラリを選択して、回路図ライブラリを作成する。
Altium_Desiger2_23_120203.png

*まずは74HC4518から作成する。最初にピンを置いていく。

・配置メニューからピンを選択する。

・ピンが表示されたら、TABキーを押して、ピン プロパティを表示させる。表示名をCLK_A に、デジグネータを1 に、電気的タイプをInput に、シンボルのエッジの内側をClock に変更する。OKボタンをクリックする。
Altium_Desiger2_24_120203.png

SPACEキーで回転させて、クリックして適当な位置に配置する。
Altium_Desiger2_25_120203.png

・ピンの配置モードにまだなっているので、ピンの番号が2になっている。ここでまた、TABキーを押して、ピン プロパティを表示させる。表示名をEN Aに、エッジの内側をNo Symbol に変更する。
Altium_Desiger2_26_120203.png

・RST Aも置いた。

・次に出力ピンを置く。やはり、TABキーを押して、ピン プロパティを表示させる。表示名をQ0A に、デジグネータを3に、電気的タイプをOutput に変更する。OKボタンをクリックする。
Altium_Desiger2_27_120203.png

・同様に、Q1A, Q2A, Q3A も作った。
Altium_Desiger2_28_120203.png

・VCCとGNDピンを書くが、74HC4518は2つのBCDカウンタがあるので、VCCとGNDピンはハイドしておく。TABキーを押して、ピン プロパティを表示させる。表示名をVCCに、デジグネータを16に、ヒドゥンピンをチェックして、接続ネットをVCCにする。これで、VCCの名前のついたネットに、16番ピンが接続される。
Altium_Desiger2_30_120203.png

・GNDも同様に作成した。8番ピンと、ヒドゥンピンをチェックして、接続ネットをGNDにした。

・回路図シンボルの四角い箱を書く。配置メニューから四角形を選んで、ICの外形を書く。
Altium_Desiger2_29_120203.png

・箱がピン名の上にかぶってしまっているので背面に移動する。編集メニューから移動 -> 後面へ(Mキー -> 後面へ)を選択して、黄色の四角い箱をクリックして、後面へ移動する。
Altium_Desiger2_31_120204.png

・原点位置に合わせて移動した。これで、1つ目のBCDカウンタは完成だが、もう1つ追加する。
Altium_Desiger2_32_120204.png

・ツールメニューからパートの追加を選択する。

・左のコンポーネント・ウインドウのComponent_1にPart AとPart Bが出来る。Part Aは今まで作ってきた回路図シンボルが入っているが、Part Bの方は何も無い。
Altium_Desiger2_33_120204.png

・Part Aの回路図シンボルをPart Bにコピーする。

・ピン番号を変えるために、ピンをダブルクリックして、ピン プロパティを表示させて、デジグネータを変更した。
Altium_Desiger2_34_120204.png

・Part Bのピン番号を全部修正できたのが下の図だ。
Altium_Desiger2_35_120204.png

・左のコンポーネント・ウインドウのComponent_1をダブルクリックして、名前を74HC4518に変更する。
Altium_Desiger2_36_120204.png

・回路図ライブラリをセーブした。
Altium_Desiger2_37_120204.png

・コンポーネント・ウインドウの追加ボタンをクリックして、コンポーネントを追加する。
Altium_Desiger2_38_120204.png

・New Component Name ダイアログが開くので、74HC4511と入力した。
Altium_Desiger2_39_120204.png

・74HC4511のコンポーネントができたので、回路図ライブラリを作成する。

・ピン名にバーを付けたい場合には\を文字の後ろにつける。下に例を示す。
Altium_Desiger2_40_120204.png

・表示は下のようになる。
Altium_Desiger2_41_120204.png

・74HC4511のコンポーネントが完成した。
Altium_Desiger2_42_120204.png

・これで回路図ライブラリは完成だ。

  1. 2012年02月03日 05:56 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0