FC2カウンター FPGAの部屋 2012年04月21日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Altium Designer のFPGA設計入門をやってみる4

Altium Designer のFPGA設計入門をやってみる3”の続き

前回はProgram FPGAでFPGAをコンフィギュレーションする時にフェイルしてしまった。前回は既存のNanoBoard用のチュートリアルを改造して使っていたので、今回は1から自分で作ることにする。

もうすでに自分で作って試しているが、作る過程を書いておく。
・最初にFPGAデザインのプロジェクトを作る。ファイルメニューから新規 -> プロジェクト -> FPGAプロジェクト を選択する。
Altium_Desiger_FPGA_26_120421.png

・普通に回路図を書くようにポートを置いていってSWからLEDの線を接続した。これで良いみたいだ。下の図は制約ファイルを書いてあるので、ピン番号が表示されている。
Altium_Desiger_FPGA_27_120421.png

・次に制約ファイルを作った。ファイルメニューから新規 -> その他 -> コンストレイント ファイル を選択した。
Altium_Desiger_FPGA_6_120419.png

・コンストレイント ファイルを開いた。

・SW_LED_TEST.ucfを作成した。

NET "SW0" LOC = "V8" | IOSTANDARD = LVTTL | PULLUP ;
NET "SW1" LOC = "U10"| IOSTANDARD = LVTTL | PULLUP ;
NET "SW2" LOC = "U8" | IOSTANDARD = LVTTL | PULLUP ;
NET "SW3" LOC = "T9" | IOSTANDARD = LVTTL | PULLUP ;
NET "LED3" LOC = "U19" | IOSTANDARD = LVTTL | SLEW = QUIETIO | DRIVE = 4 ;
NET "LED2" LOC = "U20" | IOSTANDARD = LVTTL | SLEW = QUIETIO | DRIVE = 4 ;
NET "LED1" LOC = "T19" | IOSTANDARD = LVTTL | SLEW = QUIETIO | DRIVE = 4 ;
NET "LED0" LOC = "R20" | IOSTANDARD = LVTTL | SLEW = QUIETIO | DRIVE = 4 ;


・デザインメニューからPinファイルのレポート -> ファイル選択 を選択する。(このあたりは”Altium Designer のFPGA設計入門をやってみる2”を参照のこと)

・Open FPGA Vender PIN File ダイアログが開く。SW_LED_TEST.ucfを選択し、開くボタンをクリックする。

・コンストレイント エディタ設定ダイアログが開く。OKボタンをクリックする。

・Altium Designer のコンストレイント・ファイルに制約が追加された。

・それに、FPGAの型番の制約を追加したのが下のファイルだ。

;...............................................................................
;Constraints File
; Device :
; Board :
; Project :
;
; Created 2012/04/21
;...............................................................................

;...............................................................................
Record=FileHeader | Id=DXP Constraints v1.0
;...............................................................................

Record=Constraint | TargetKind=Part | TargetId=XC3S700A-4FGG484C

Record=Constraint | TargetKind=Port | TargetId=LED[3..0] | FPGA_PINNUM=U19,U20,T19,R20 | FPGA_IOSTANDARD=LVTTL33,LVTTL33,LVTTL33,LVTTL33 | FPGA_DRIVE=4mA,4mA,4mA,4mA
Record=Constraint | TargetKind=Port | TargetId=SW[3..0] | FPGA_PINNUM=T9,U8,U10,V8 | FPGA_IOSTANDARD=LVTTL33,LVTTL33,LVTTL33,LVTTL33 | FPGA_PULLUP=True,True,True,True


・プロジェクトメニューからコンフィギュレーション マネージャを開く。
Altium_Desiger_FPGA_12_120419.png

・上のウインドウで追加ボタンをクリックして、Test_FPGA_Project1を追加して、下のウインドウでTest_FPGA_Project1.Constraint のチェックボックスにチェックを入れる。
Altium_Desiger_FPGA_28_120421.png

・ファイルとプロジェクトをセーブした。

・プロジェクトメニューからプロジェクトのコンパイルをした。

・表示メニューからデバイスビューを選択した。Devices が開く。Spartan-3A Starter Kit の電源を入れて、Live にチェックを入れると下のような画面が開く。下の画面はビットファイルの生成まで終了しているが、実際には、”Altium Designer のFPGA設計入門をやってみる3”の様にFPGAのインプリメントを行う
Altium_Desiger_FPGA_29_120421.png

・Program FPGAをクリックして、FPGAをコンフィギュレーションする。その際に、FPGA下のプルダウンメニューの設定が、Test_FPGA_Project1であることを確認する。

・DONEランプは付くのだが、やはりフェイルする。

・すべてのSWが下にスライドしているのに、LED1だけが点灯している。他のSWとLEDは上にスライドすると関係するLEDがつくが、LED1だけはSW1をどうスライドさせても点灯したままだ。
Altium_Desiger_FPGA_30_120421.png

・ちなみにAltium Designer で作られたビットファイルをiMPACTでコンフィギュレーションすると正常にコンフィギュレーション出来て、SWとLEDの関係も正しい。
ビットファイルは問題なく生成されているが、コンフィギュレーションがおかしいみたいだ。
  1. 2012年04月21日 20:18 |
  2. Altium Designer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ももへの手紙を見てきました(映画)

ももへの手紙を見てきました。奥さんは仕事なので、私一人で見てきました。全く期待しないでいったんですが、良かったです。前半は少し退屈かな?と思ってましたが、満足の行く映画でした。声優さんも良かったです。ジブリの映画では声優さんが残念なことも多いのですが、この映画は全く違和感なかったです。

家に帰ったら娘も見に行きたかったとのこと。それじゃ、また明日もう一度見ようと言ったら予定があるそうです。それじゃ、DVDかブルーレイを買うことにしようと思います。
  1. 2012年04月21日 13:36 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0