FC2カウンター FPGAの部屋 2012年05月14日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた4(Program and Debug編)

PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた3(Implementation編)”の続き。

今回は、PlanAhead14.1プロジェクト最後のProgram and Debug をやってみた。FPGAボードが無いので、Generate Bitstream で終了なのが残念だ。

・Program and Debug -> Generate Bitstream をクリックした。ビットファイルが生成された。
PlanAhead141_50_120514.png

成功したら、ChipScope Analyzer とiMPACT がハイドされた状態から選択できるようになった。残念ながら、FPGAボードが無いので、ここで終了となる。
右のウインドウを見るとわかるが、インプリメント後の動作周波数は198.452Mhz となった。
かなり使いやすくなっていると思う。これでXPSを入れてインプリメント出来て、テストベンチファイルを作る時にテンプレートを挿入してくれれば、全面的にPlanAhead プロジェクトに乗り換えたいと思う。
  1. 2012年05月14日 20:35 |
  2. PlanAheadについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙兄弟(映画)を見てきました

昨日、1人で宇宙兄弟を見てきました。小栗旬さんのムッタ役がはまり役でした。モーニングで漫画を読んでいるので、物足りないところは有りましたが、楽しく見ることができました。
  1. 2012年05月14日 05:22 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた3(Implementation編)

PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた2(Synthesis編)”の続き。

今回は、Implementationを行った。

・Implementation -> Run Implementation をクリックした。

・Implementation が成功したというダイアログが表示されたが、誤って消してしまった。デザインを表示させる場合は、FlowメニューからOpen Implemented Design -> を選択する。
PlanAhead141_42_120514.png

・Implementation -> Implemented Design -> Edi Timing Constrains は、Synthesisの時と変わりが無いので省略。

・Implementation -> Implemented Design -> Run TRCEをクリックした。Run TRCE ダイアログが表示された。OKボタンをクリックした。
PlanAhead141_43_120514.png

・Timing TRCE結果が下のウインドウに表示された。
PlanAhead141_44_120514.png

・Implementation -> Implemented Design -> Report Clock Interaction もSynthesisの時と変わりが無いので省略。

・Implementation -> Implemented Design -> Run DRC もSynthesisの時と変わりが無いので省略。

・Implementation -> Implemented Design -> Report Noise もSynthesisの時と変わりが無いので省略。

・Implementation -> Implemented Design -> Report Utilization もSynthesisの時と変わりが無いので省略。

・Implementation -> Implemented Design -> XPower Analyzer をクリックした。Launch XPower Analyzerダイアログが表示された。何も指定せずに、OKボタンをクリックした。
PlanAhead141_45_120514.png

・XPower Analyzer が立ち上がって、消費電力の計算結果を表示した。
PlanAhead141_46_120514.png

・Implementation -> Implemented Design -> FPGA Editor をクリックした。FPGA Editorが起動した。
PlanAhead141_47_120514.png

・Implementation -> Implemented Design -> Run Timing Simulation をクリックした。Launch Timing Simulationダイアログが表示された。Launchボタンをクリックした。
PlanAhead141_48_120514.png

・ISimが立ち上がり、タイミング・シミュレーション結果が表示された。(タイミング・シミュレーションは時間がかかるので、余りやらない。論理シミュレーションと静的タイミング解析で終わりにしてしまう)
PlanAhead141_49_120514.png

  1. 2012年05月14日 05:16 |
  2. PlanAheadについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0