FC2カウンター FPGAの部屋 2012年06月02日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AtlysボードのUSB-UARTチップのドライバのインストール

AtlysボードのUSB-UARTを使おうと、AtlysボードのUARTとマーキングされているミニUSB BコネクタからパソコンにUSBケーブルを接続したらドライバのインストールでドライバがないと言われてしまった。
Digilent社のAtlysボードのマニュアルの16ページにUSB-UART Bridge (Serial Port) があって、それによると、EXAR社の“XR21V1410”というチップを使っているということだった。“XR21V1410”のページを見ると、Windows Drivers Version 1.8.0.0 があったので、これをダウンロードして解凍した。もう一度、パソコンにUSBケーブルを接続して、ドライバのインストール・ウィザードから位置を指定してインストールしたら使えるようになった。
  1. 2012年06月02日 06:03 |
  2. Atlysボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZedBoard Zynq™-7000 Development Board

ZedBoard Zynq™-7000 Development Board の情報がDegilentに出てました
Digilent社のFeaturesを引用させていただきます。

Zynq-7000 EPP XC7Z020-CLG484-1
Memory:
 512 MB DDR3
 256 Mb Quad-SPI Flash
 4 GB SD card
Onboard USB-JTAG Programming
10/100/1000 Ethernet
USB OTG 2.0 and USB-UART
PS & PL I/O expansion (FMC, Pmod™, XADC)
Multiple displays (1080p HDMI, 8-bit VGA, 128 x 32 OLED)
I2S Audio CODEC


ZC702 評価ボードのメモリは128MBZC702 評価ボードのメモリは1GBでした。リンクの情報が間違っていました。@hypermac6502さん情報ありがとうございました)だったので、4倍のメモリが載っていて安いということになります。しかも、ISE® WebPACK™ with device-locked ChipScope licenseなので、ChipScopeのライセンスも付いています。WebPACKでXC7Z020のXPSとSDKは使えるはずなので、ChipScopeも使えるということは完璧ですね。

同時にZedBoard.orgのサイトもリニューアルされていて、いろいろな情報が載っています。
Buyのページでは価格が出ています。Avnetで$395、Digilentで$299(アカデミック価格)でした。
ZedBoardの回路図がここ(PDF)にあります。Digilentで設計しているようです。

DigilentのサイトではShipping Aug 01, 2012 になってました。8月が楽しみです。
  1. 2012年06月02日 05:02 |
  2. Zynq
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2