FC2カウンター FPGAの部屋 2012年06月22日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた2(XPS、SDK)

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた1(PlanAheadプロジェクト、XPS)”の続き。

・XPSのZynqタブでImportアイコンをクリックした。
ZC702_15_120621.png

・Import Zynq Processing System Configurationsダイアログが開いた。System Template のZC702 Development Board Template をクリックすると、Summary of selected ConfigurationにZynq PS Configuration が表示された。
ZC702_16_120621.png

・ダイアログが開くので、Yesボタンをクリックした。Zynq MIO Configurationとデザインのアップデートをするそうだ。
ZC702_17_120621.png

・I/O Peripherals の所に色が付いた。I/O Peripheralsのなかをクリックした。
ZC702_18_120621.png

・Zynq PS MIO Configurationsダイアログが開いた。例えば、USB0はイネーブルだけど、USB1はディスエーブルということがわかる。MIO Configuration からは、どのピンを使っていて、IOタイプやPullup情報なども見て取れる。
ZC702_19_120621.png

・Zynq PS MIO Configurationsダイアログを閉じ、XPSも閉じる。

・PlanAheadでsystemの右クリックメニューからCreate Top HDLを選択して、systemのトップのHDLを作成する。
ZC702_20_120621.png

・system_stub.v が生成された。今度はハードウェアをエクスポートして、SDKを立ち上げる。FileメニューからExport -> Export Hardware... を選択する。
ZC702_21_120621.png

・Export Hardware ダイアログで、Launch SDK にチェックを入れて、OKボタンをクリックした。
ZC702_22_120621.png

・SDKが立ち上がった。system.xml が表示されていて、cortexa9 のAddress Mapが表示された。
ZC702_23_120621.png

ここで、チュートリアルはZC702ボードの設定を行なっているが、私は持っていなので飛ばす。残念だ。
次にHello Worldプロジェクトを作成する。

・FileメニューからNew -> Xilinx C Projectを選択した。

・New Projectダイアログが開いた。Hello Worldが選択されている。Zynq FSBLが増えている。First Stage Bootloader (FSBL) for Zynq. だそうだ。
ZC702_24_120622.png

・次のダイアログが開いた。Finishボタンをクリックした。
ZC702_25_120622.png

・Hello Worldプロジェクトがビルドされた。トータルでは0x12C10 (76.8KBytes) メモリを使用している。さすがに大きい。
ZC702_26_120622.png

次はZC702ボードにダウンロードして動作なんだけど、ZC702ボードを持っていないので終了。

#Xilinxで貸し出ししてくれないかな。。。

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた3(実機でテスト)”に続く。

  1. 2012年06月22日 05:01 |
  2. Zynq
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0