FC2カウンター FPGAの部屋 2012年12月28日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

2012年を振り返る2(7月から12月まで)

7月
さくらんぼ狩りに行って、蔵王温泉スキー場の大露天風呂を堪能しました
AXI4バスに接続するビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製3(単体シミュレーション)、前回は本体のbitmap_disp_cntrler_axi_master.v から下のVerilog ファイルを作製した。今回はテストベンチとBFMを用意してbitmap_disp_cntrler_axi_master.v 単体でシミュレーションを行った。
Zynq-7000(ZC702)のチュートリアルをやってみた3(実機でテスト)、ここでZC702ボードをお借りすることが出来たので、実機でテストを行った。チュートリアル2も実機でテストした。
Zynq-7000(ZC702)のLinuxチュートリアルの勉強
Zynq-7000(ZC702)のLinuxチュートリアル1(Slave Boot Method)
Zynq-7000(ZC702)のLinuxでMIOに接続されているLEDを制御
AutoESLのセミナを受けてきました
Vivado 2012.2、ちょっとやってみた。

8月
ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製17(動き出した)、Atlysボードで、自分でaxi_s6_ddrx IP (DDR2 SDRAM Controller) を入れて作ったXPSプロジェクト入りのPlanAheadプロジェクトを使ってきたが、どうもaxi_s6_ddrx IP が動かない。動いていXPSプロジェクトを変換してみたら動いてきた。これでだいぶ苦労してしまった。
東京スカイツリータウンに行って来ました
ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製19(HDLソースの公開)、動作したと思われるのでHDLソースを公開した。
ZedBoardでLinuxが動作した
ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの作製21(画面にキャラクタを描画)、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラで写している画面にキャラクタを書くことが出来た。
WebPACK14.2でZedBoardのHello Worldチュートリアルをやってみた1(エラー発生)、WebPACK14.2のPlanAheadプロジェクトでZedBoardのHello Worldチュートリアルをやる様子。主に9月に行なっている。

9月
WebPACK14.2でZedBoardのHello Worldチュートリアルをやってみた2(Logic EditionでXPS)、WebPACKライセンスでやる場合は、ISE14.2 Logic Edition をインストールして、WebPACKのライセンスで動かす。
Zynqの勉強1、Zynqの勉強をすることにした。
WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた1(XPSプロジェクトの生成)
WebPACK14.2でZedBoardのPS & PLチュートリアルをやってみた6(実機でテスト)、実機で動作した。
ZedBoardにキャラクタ・ディスプレイ・コントローラを追加する1(XPSプロジェクト)
はんだづけカフェで開催されたハンダ付け教室に行って来ました
ZedBoardにキャラクタ・ディスプレイ・コントローラを追加する5(完成)、ZedBoardのキャラクタ・ディスプレイ・コントローラが動作した。
ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する1(XPSの設定1)
ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する6(完成とは言えない)、キャッシュコヒーレンシの関係でARMプロセッサで書き込んだデータが、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラからうまく読めていなかった。

10月
ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する7(GPIOを使ってBDCをスタート)、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラが動いたけど、最初にリセットが解除されてから85秒間のWaitが必要だった。それはとっても面倒なので、ARMの初期化ルーチンが終了してから、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラが動作するように変更した。これで動作した。
Segway Tour 実験に参加しました、セグウェイに乗って来ました。姿勢を良くして乗る必要があるので、結構大変です。
アクリルサインを作っています
FusionPCBに基板を発注しました、アクリルサイン用の基板をKiCADで作って、FusionPCBに発注しました。
ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する13(char_wirte_axi_master IPを追加4)、でAXI4バスを使用してキャラクタをDDR3 SDRAMのフレームバッファに書くハードを作ったら、正常にキャラクタが書けた。この時点では、ARMプロセッサのソフトウェアでは、不完全にしか書けていなかった。
ChipScope Analyzer でステートマシンのステートを表示する方法
ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する14(ソースの公開)
Raspberry Pi が届きました
ZedBoardでHDMI出力1(アナデバのリファレンス・デザイン)、アナログ・デバイセズ社のサンプルデザインを元にHDMIから出力してみることにした。
ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する16(ARMのソフトからキャラクタを書けた)、アナログ・デバイセズ社のHDMIのサンプルデザインのCコードを読んでいたら、メモリに書いた後に、Xil_DCacheFlush(); を実行していた。これを使ったところ、ARMプロセッサからキャラクタを書いても完璧に表示することが出来た。

11月
FusionPCBから基板が届きました
アクリルサイン用の基板を実装しました
アクリルサインの試作第1号が完成
・ZedBoardにビットマップ・ディスプレイ・コントローラを追加する18(再度ACPポートを使用)、再度、マニュアルに従ってACPポートを使ってみたが、まだ少しバグがあるみたいだった。
ZedBoardでHDMI出力5(BDC の作製1)、HDMI出力とVGA出力を同時に出来るBitmap Display Controller (BDC) を作ることにした。ブロック図を書いた。
ZedBoardでHDMI出力7(ADV7511のレジスタ設定1)、HDMI出力用ICのADV7511のレジスタの設定を見ていった。
ET2012に行って来ました
RGB―YCbCr変換の検討1(変換式)、RGBで表されたピクセルをADV7511に表示させるためにはYCbCrに返還する必要がある。その変換回路を実現するためにRGB-YCbCr変換回路を設計することにした。先ずは変換式を検討してみた。
松島観光、宮城県の松島に行って観光してきました。
ZedBoardでHDMI出力13(HDMIに出力できた)

12月
MFT2012の1日目、MFT2012でFablab Japanのブースの1画をお借りして、アクリルサインを展示しました。
ZedBoard用CMOSカメラボードの作製1(カメラモジュールの検討)、ZedBoardにカメラを付けることにした。MT9D111を使うことした。ZedBoardのPMOD端子2個に接続するための基板を作ることにした。
ZedBoard用CMOSカメラボードの作製2(基板の発注)
MT9D111のお勉強1、CMOSカメラモジュールの勉強をすることにした。いろいろ教えて頂いてありがとうございました。
AXI IIC のお勉強1、MT9D111を設定するためにAXI IIC IPの使い方を勉強した。
ZedBoard用CMOSカメラボードの作製3(MT9D111用基板が到着)、FusionPCBに発注から2週間弱で到着。
ZedBoard用CMOSカメラボードの作製5(カメラボード完成)、カメラボードの部品をハンダ付けして完成しました。ZedBoardのPMODに入れてみました。ピッタリ入りました。

今年もいろんなことがあって、目標を達成できたと思います。皆さんにもいろいろと教えてもらったりして、お世話になりました。また来年もよろしくお願いします。
来年もがんばろうと思います。
  1. 2012年12月28日 07:23 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0