FC2カウンター FPGAの部屋 2013年05月05日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

LチカでAXIバスやAXIカスタムIPの作り方を学ぼうセミナ予定

 内部的にAXIバスやAXIカスタムIPの作り方を学ぶセミナをやろうと思っている。その予定を書いておこうと思う。題して、”LチカでAXIバスやAXIカスタムIPの作り方を学ぼうセミナ”。
今まで、いろいろなセミナに行ったけど、実習の回路が高度だとそっちに気を取られて、肝心の学ぶべき部分をしっかり学べないと思う。そこで、簡単なよくわかっている回路で核心の部分にスポットを当てたいと思っている。

LチカでAXIバスやAXIカスタムIPの作り方を学ぼうセミナ予定
(使用ボード:ZedBoard, Atlys)
1. Xilinxツールの説明

1. ISE
2. PlanAhead
3. EDK
1. XPS
2. SDK
4. Vivado
2. PlanAheadでスイッチを押した時にLチカを行う回路を作る。

3. PlanAheadにEDKプロジェクトを作って、XPSで2つのGPIOを接続し、MicroBlazeのソフトウェアで、スイッチを押した時にLチカする。

4. AXIバスの説明
1. AXI4 Slave, AXI4 Lite Slave, AXI4 Master, AXI4-Stream

5. スイッチ押したことを知らせるAXI4 Master IP(Writeのみ)と知らせがあったらLチカをするAXI4 Lite Slave IP(Readのみ)を作り、XPSプロジェクトで接続して動作させる。MicroBlazeは削除。

6. スイッチのチャタリング除去とenable, sw_status 出力部分を分離して、1つのIPとし、それとスイッチ押したことを知らせるAXI4 Master IPをXPS上で接続する。

7. 4.のAXI4 Master IPにLチカのモニタ機能を付ける。(AXI4 Master Readの実装)

8. 5.にLチカAXI4 Lite Slave IPをLEDの数分だけ搭載する。スイッチ押したことを知らせるAXI4 Master IPは1個とする。AXI4 Master IPにレジスタ領域(AXI4 Lite Slave)を用意して、MicroBlazeも再実装して、レジスタに各LチカAXI4 Lite Slave IPのアドレスを設定する。押したスイッチによって、レジスタに格納されたアドレスにメッセージを送る。


ただし、受講者は予めARMのサイトに登録して、AXIバスのマニュアルをダウンロードして持っている人とする。(2日くらいの日程かな?)
  1. 2013年05月05日 20:56 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0