FC2カウンター FPGAの部屋 2013年08月22日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ISE14.6からQuestaSim10.1bを使用する

ISE14.6からQuestaSim10.1bを使用するための覚書

1,ISE の Tools の中の Simulation Library Compilation Wizard でModelSim のシミュレーション・ライブラリをコンパイルする。

2.QuestaSim10.1b のフォルダの modelsim.ini に 1.でコンパイルしたシミュレーション・ライブラリのフォルダを指定する。

cpld = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/vhdl/questasim/10.1b/nt64/cpld
simprim = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/vhdl/questasim/10.1b/nt64/simprim
unimacro = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/vhdl/questasim/10.1b/nt64/unimacro
unisim = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/vhdl/questasim/10.1b/nt64/unisim
xilinxcorelib = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/vhdl/questasim/10.1b/nt64/xilinxcorelib
cpld_ver = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/cpld_ver
secureip = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/secureip
simprims_ver = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/simprims_ver
uni9000_ver = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/uni9000_ver
unimacro_ver = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/unimacro_ver
unisims_ver = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/unisims_ver
xilinxcorelib_ver = D:/HDL/Xilinx/14.6/ISE_DS/ISE/verilog/questasim/10.1b/nt64/xilinxcorelib_ver


3.環境変数のXilinxに、ISE14.6を指定する。”Xilinx"、”D:\HDL\Xilinx\14.6\ISE_DS\ISE”

4.シミュレーションするISEプロジェクトのあるフォルダに、QuestaSim10.1b のフォルダの modelsim.iniをコピーする。

5.Project Navigator の Design Properties の Simulator で Questa を指定する。

6.Simulation モードにした時の、Simulate Behavioral Model を右クリックし、右クリックメニューからProcess Properties... を選択する。

7.Process Propertiesダイアログで、Ignore Pre-Compiled Library Compilation Message にチェックを入れる。
error in modelsim from project navigator”参照。

  1. 2013年08月22日 17:24 |
  2. シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0