FC2カウンター FPGAの部屋 2015年01月04日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

OpenCVの顔認証ソフトウェア (facedetect.cpp) の scale について

MT9D111カメラモジュールで撮影した画像をBMPファイルに落として、そのBMPファイルを OpenCV 2.4.10 の facedetect.cpp を使って顔認証を行うソフトウェアを”カメラで撮影した画像をBMPファイルにしてOpenCV で顔認証するソフトウェアを作った”で作製した。今回は、カメラ画像顔認証ソフトウェアを使用して顔認証を実際にやってみた。

顔認証には scale の値が問題のようだ。
./disp2bmp2facedetect --cascade="/usr/local/share/OpenCV/haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml" --scale=1.3
で、息子の顔を撮影して顔認証を行ったが、顔認証されなかった。
ZYBO_OpenCV_80_150104.jpg

次に、この画像が temp3.bmp として保存されたので、scale = 2 で顔認証ソフトウェアを起動したら、顔認証が成功した。
./facedetect --cascade="/usr/local/share/OpenCV/haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml" --scale=2 temp3.bmp
ZYBO_OpenCV_81_150104.jpg

次に、scale = 3 で顔認証ソフトウェアを起動したら、顔認証が成功しなかった。
./facedetect --cascade="/usr/local/share/OpenCV/haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml" --scale=3 temp3.bmp

facedetect.cpp を眺めてみると、

Mat gray, smallImg( cvRound (img.rows/scale), cvRound(img.cols/scale), CV_8UC1 );

で scale倍で小さくしているようだ。

detection time も scaleが大きくなるほど小さくなっている。
scale = 1.3scale = 2scale = 3
dectectin time(ms)2328.01910.921363.2

このサンプルでは顔の大きさが問題になるのかもしれない。
OpenCVを勉強したい。

(参考になるブログ)”OpenCVで顔認識
  1. 2015年01月04日 05:57 |
  2. OpenCV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6_XPSプロジェクトでカスタムIPを作る方法を再度公開

以前、”Zynq勉強会 6番目の資料”6_XPSプロジェクトでカスタムIPを作る方法”で公開した”6_XPSプロジェクトでカスタムIPを作る方法”ですが、Slideshare で再度公開しました。

ISE+XPSなので、あまり需要は無いかもしれませんが、よろしければ見て下さい。
  1. 2015年01月04日 05:08 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0