FC2カウンター FPGAの部屋 2015年02月21日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

食器洗い洗浄機を買い替えました

十数年間、サンヨーの食器洗い洗浄機 DW-S2100 を使ってきましたが、最近、頻繁にE3 やU3 エラーが出るようになったので、食器洗い洗浄機を買い替えました。
買ったのは、Panasonic の NP-TM7 です。もう、据置型の食器洗い洗浄機はPanasonic しか作っていないし、高さの制限の関係で、NP-TM7 が1択でした。
前の食器洗い洗浄機に比べて大きいです。幅とってますね。量は新しい食器洗い洗浄機の方が入る気がしますが、上下の棚なので、ナベとかは上に入れないと水流が上まで行かなそうです。長く大事に使おうと思います。
NP-TM7_1_150222.jpg

NP-TM7_2_150222.jpg
  1. 2015年02月21日 21:55 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちたけそばを食べました

栃木県で食べらている「ちたけそば」がとっても美味しいということで食べたかったんですが、なかなか食べる機会が無くて食べられないでいました。
ちたけそばはチチタケが入ったそばで栃木県で食べられているそうです。
@felis_silv さんにアマゾンの日光将軍 ちたけつゆ 350ml×2本を教えてもらって注文しました。
昨日、そのちたけつゆで蕎麦を食べてみました。とっても美味しいつゆで、つゆも全部飲んじゃったんですが、どれがチチタケの味か?というとよく分かりません。とにかく言えることは味が良いということです。
後で、ぜひ本物のちたけそばを食べてみたいです。
  1. 2015年02月21日 21:45 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Linaro Ubuntu14.04LTSが動作してるZYBOへWindowsのSDKからリモートデバックする

Vivado 2014.4のCドライバーファイル1”、”Vivado 2014.4のCドライバーファイル2”でVivado HLS 2014.4 で生成されたラプラシアンフィルタIPのドライバを勉強した。
それを元に、制御用のCソフトウェアを作製できた。これは、Linaro Ubuntu14.04LTSの動作しているZYBO上でコンパイルしてもよいのだが、今回はパソコンのSDKからSSHでリモートデバックしてみようと思う。これは確か、前にやってみた時にデバック時にエラーが出たのだが、今回もう一度確かめてみようと思う。

Vivado 2014.4の使用するプロジェクトは、V_ZYBO_CAMDfL144/V_ZYBO_CAMDfL143 だ。詳しくは、”Vivado HLS 2014.4でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする4(ブロックデザインにVivado HLSのIPを追加、インプリメント)”を参照下さい。

・これが、V_ZYBO_CAMDfL144/V_ZYBO_CAMDfL143 プロジェクトだ。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_1_150221.png

・File メニューからExport -> Export Hardware... を選択した。

・Export Hardware ダイアログが出た。Inclued bitstream にチェックが入っていることを確認して、OKボタンをクリックする。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_2_150221.png

・Module Already Exported ダイアログが出る。Yesボタンをクリックした。

・File メニューから Export SDK を選択した。

・Launch SDK ダイアログが出た。OKボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_3_150221.png

・SDKが立ち上がった。現在のSDKの画面の様子を下に示す。

・File メニューから New -> Application Project を選択した。(Application Project を生成する)

・New Project ダイアログで、Project Name に lap_fil_hls_1shot と入力し、Target Software の OS Platform のプルダウンメニューから linux を選択した。Next -> をクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_5_150221.png

・Linux Empty Application を選択して、Finish ボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_6_150221.png

・lap_fil_hls_1shot プロジェクトが作成された。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_7_150221.png

・作製した lap_fil_hls_1shot.c と Vivado HLS 2014.4 の hls_lap_filter_axim\drivers\lap_filter_axim_v1_0\src のxlap_filter_axim.c, xlap_filter_axim.h, xlap_filter_axim_hw.h, xlap_filter_axim_linux.c を lap_fil_hls_1shot -> src フォルダにコピーした。

・自動的にビルドが始まって、終了した。ワーニングはあるがビルド成功。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_8_150221.png

・lap_fil_hls_1shot プロジェクトを右クリックして、右クリックメニューからDebug as -> Debug Configurations を選択した。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_9_150221.png

・Debug Configurationウイザードで、Remote ARM Linux Application を右クリックして右クリックメニューからNew を選択した。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_10_150221.png

・Debug Configurationダイアログで、Connection のNew ボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_11_150221.png

・New Connection ウイザードが開く。SSH Only をクリックした。Next -> ボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_12_150221.png

・Host Name にZYBO の ifconfig で表示したDHCP の IPを入力した。(192.168.3.4)
・Description には、lap_fil_hls_1shot と入力した。
・Finishボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_13_150221.png

・ Remote Absolute File Path for C/C++ Application のBrows... ボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_14_150221.png

・ダイアログで、My Home を展開する。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_15_150221.png

・User ID に linaro 、password に linaro を入れて、Save password をチェックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_16_150221.png

・OKボタンをクリックした。Warning ダイアログが出た。Yesボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_17_150221.png

・ /home/linaro ディレクトリが My Home として見えるようになった。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_18_150221.png

・Apps ディレクトリの下にフォルダを作る。右クリックメニューからNew -> File をクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_19_150221.png

・New file name: に lap_fil_hls_1shot と入力して、ファイルを作成した。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_19_150221.png

・Apps フォルダの下に lap_fil_hls_1shot.elf が作成された。OKボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_21_150221.png

・TeraTerm で確認するとルートの下にApps ディレクトリの下に lap_fil_hls_1shot.elf が作成されているのが見えた。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_22_150221.png

・Debug Configuration に戻って、Apply ボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_23_150221.png

・Debug ボタンをクリックして、Debug を開始した。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_24_150221.png

・パースペクティブをデバックにスイッチするダイアログが出た。応答なしになっている。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_25_150221.png

・パースペクティブをデバックにスイッチするダイアログのYesボタンをクリックしないうちに、Error Launching Program ダイアログが出た。OKボタンをクリックした。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_26_150221.png

・パースペクティブをデバックにスイッチするダイアログのYesボタンをクリックした。

・SDKがデバックモードに変更されたが、デバックができない。
ZYBO_SDK_Remote_Debung_27_150221.png

・SDK Log のエラー内容を下に示す。

07:38:07 ERROR    : Unexpected error while launching program.
org.eclipse.core.runtime.CoreException: Target selection failed.
    at org.eclipse.cdt.debug.mi.core.AbstractGDBCDIDebugger.newCoreException(AbstractGDBCDIDebugger.java:215)
    at org.eclipse.cdt.debug.mi.core.GDBServerCDIDebugger2.startGDBServerSession(GDBServerCDIDebugger2.java:111)
    at org.eclipse.cdt.debug.mi.core.GDBServerCDIDebugger2.doStartSession(GDBServerCDIDebugger2.java:47)
    at org.eclipse.cdt.debug.mi.core.AbstractGDBCDIDebugger.createSession(AbstractGDBCDIDebugger.java:86)
    at com.xilinx.sdk.launch.remote.internal.RemoteLaunchDelegate.createCDISession(RemoteLaunchDelegate.java:354)
    at com.xilinx.sdk.launch.remote.internal.RemoteLaunchDelegate.debug(RemoteLaunchDelegate.java:223)
    at com.xilinx.sdk.launch.remote.internal.RemoteLaunchDelegate.launch(RemoteLaunchDelegate.java:161)
    at org.eclipse.debug.internal.core.LaunchConfiguration.launch(LaunchConfiguration.java:858)
    at org.eclipse.debug.internal.core.LaunchConfiguration.launch(LaunchConfiguration.java:707)

  1. 2015年02月21日 08:44 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0