FC2カウンター FPGAの部屋 2018年03月22日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

reVISION-Zybo-Z7-20をやってみた2(Vivadoでインプリメント)

reVISION-Zybo-Z7-20をやってみた1(petalinux 2017.4 のインストール)”の続き。

前回は、Digilent 社のGithub の reVISION-Zybo-Z7-20 を見ながらPetalinux のインストールを行った。今回は、Digilent 社のGithub の reVISION-Zybo-Z7-20 を git clone して、その中のVivado 2017.4 プロジェクトを論理合成、インプリメント、ビットストリームの生成を行う。

まずは、Digilent 社のGithub の reVISION-Zybo-Z7-20 の Procedure を見ながらやってみよう。

最初に git clone で reVISION-Zybo-Z7-20 をクローンした。
git clone --recursive https://github.com/Digilent/reVISION-Zybo-Z7-20.git
reVISION-Zybo-Z7-20_10_120321.png
reVISION-Zybo-Z7-20_11_120321.png

ls reVISION-Zybo-Z7-20/ を見た。
reVISION-Zybo-Z7-20_12_120321.png

source /opt/Xilinx/SDx/2017.4/settings64.sh
SDx 2017.4 の環境を読み込んだ。
cd ~/reVISION-Zybo-Z7-20/vivado/zybo_z7_20/
reVISION-Zybo-Z7-20_13_120321.png

vivado &
Vivado 2017.4 を起動した。
reVISION-Zybo-Z7-20_14_120321.png

Vivado 2017.4 が立ち上がった。
reVISION-Zybo-Z7-20_15_120321.png

Open Project をクリックした。
Open Project ダイアログが開き、zybo_z7_20.xpr を選択して、OK ボタンをクリックした。
reVISION-Zybo-Z7-20_16_120321.png

zybo_z7_20 プロジェクトが開いた。
reVISION-Zybo-Z7-20_17_120321.png

zybo_z7_20_i ブロック・デザインを開いた。
reVISION-Zybo-Z7-20_18_120321.png

zybo_z7_20_i ブロック・デザイン全体だと、とても大きい。
部分ごとに見てみよう。たくさんあるので、入出力ポートを重点的に見ていこう。
hdmi_in があるのがわかる。
reVISION-Zybo-Z7-20_19_120321.png

Vaux…はXADCのPMOD のピンのようだ。Audio もピンがあるようだ。
reVISION-Zybo-Z7-20_21_120321.png

出力は、hdmi_out 、LED、ボタンスイッチ、Audio などがあるようだ。
reVISION-Zybo-Z7-20_20_120321.png

論理合成、インプリメント、ビットストリームの生成を行った後で、source ./create_dsa.tcl がエラーになってしまったので、解決方法を書いておく。
Toolsメニュー->Settings を選択する。
Settings ダイアログが開く。
左のProject Settings から IP を選択する。
IP Cache で Cache location の右端の”…”ボタンをクリックする。
reVISION-Zybo-Z7-20_22_120321.png

IP Synthesis Cache Location ダイアログが開く。
reVISION-Zybo-Z7-20/vivado/zybo_z7_20.chache を選択して、ディレクトリの新規作成アイコンをクリックする。
reVISION-Zybo-Z7-20_23_120321.png

Create New Folder ダイアログで、 ip と入力する。
reVISION-Zybo-Z7-20_24_120321.png

reVISION-Zybo-Z7-20/vivado/zybo_z7_20.chache/ip ディレクトリが作成された。これを選択して、Select ボタンをクリックする。
reVISION-Zybo-Z7-20_25_120321.png

IP Cache の Cache location に、reVISION-Zybo-Z7-20/vivado/zybo_z7_20.chache/ip が入力された。
OK ボタンをクリックした。
reVISION-Zybo-Z7-20_26_120321.png

これで、準備は終了したので、論理合成、インプリメント、ビットストリームの生成を行った。
結果を示す。
reVISION-Zybo-Z7-20_27_120321.png
reVISION-Zybo-Z7-20_28_120321.png

ワーニングやクリティカル・ワーニングは出ているが、スラックは+だし、問題なさそうだ。
  1. 2018年03月22日 04:58 |
  2. reVISION, xfOpenCV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0