FC2カウンター FPGAの部屋 2018年08月25日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96のベアメタル・アプリケーションソフトが1回しか動作しないときの解決法

Ultra96のDisplayPort テスト用回路1”で、1度アプリケーションソフトを起動して動作し、もう1度、起動したときに 99 % で止まってアプリが起動できない現象が起きた。

どうやってもう一度、アプリを起動できるか?わからなかったのだが、またまた @ciniml さんに怪しそうなところを教えてもらった。いつもありがとうございます。

いろいろと試行してみたところ、どこを設定すれば良いかが分かった。

DP_test プロジェクトを選択して、Project メニューから Properties を選択する。

Properties for DP_test が開く。
System Debugger using Debug_DP_test.elf on Local をダブルクリックして開く。
Ultra96_DP_100_180825.png

Edit Configuration ダイアログが開く。
Reset entire system にチェックを入れる。同時にProgram FPGA にもチェックが入るので、そこはチェックを外す そのままにする。(Reset entire system するとPL の回路がクリアされるか、クロックが供給されなくなるようです。Lチカができなくなりました。よって、再度Program FPGA する必要があるようです)
Ultra96_DP_101_180825.png

これで、何度でもアプリケーションソフトを起動することができるようになった。
  1. 2018年08月25日 21:03 |
  2. SDK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ultra96のDisplayPort テスト用回路1

Ultra96のDisplayPort テストパターン生成用IPの作製”で作ったIP を”DPDMA の examples をやってみる”で作ったVivado 2018.2 で作った dt_test プロジェクトを改造して入れてみることにした。

dp_test プロジェクトを示す。
Ultra96_DP_13_180824.png

ブロックデザインを示す。
Ultra96_DP_14_180824.png

Ultra96のDisplayPort テストパターン生成用IPの作製”で作ったvideo_out IP と本当に dp_video_ref_clk が出ているのかを確認するために”Ultra96用PMOD拡張ボードのPMOD端子のテストのために8ビットカウンタのLチカを作る2”で使用した”Ultra96用PMOD拡張ボードのPMOD端子のテストのために8ビットカウンタのLチカを作る”の ex_board_test IP を入れてある。
また dp_live_gfx_alpha_in[7:0] に接続した xlconstant_0 の定数値はとりあえずは、128 を設定した。

これで、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行った。結果を示す。
Ultra96_DP_15_180824.png
Ultra96_DP_16_180824.png

ハードウェアをエクスポートし、SDK を立ち上げた。
DP_test アプリケーションソフトを変更して、Hello World を表示するだけのソフトウェアを書いた。
なお、”SDKでstdin, stdout に割り当てられるデバイスを変更”で psu_uart_1 に変更してある。Ultra96 の J6 3 ピンヘッダは uart 1 ということで stdin, stdout を変更した。
また、”SDKでインクルード・パスを追加する方法”で、F:\Xilinx\SDK\2018.2\data\embeddedsw\XilinxProcessorIPLib\drivers フォルダへのパスを追加した。

実験環境だが、@ciniml さんのJTAG 変換基板と UART 変換基板を使わせて頂いている。ありがとうございます。
Ultra96_DP_21_180825.jpg

表示することができた mini DP - VGA 変換ケーブルを使用しているが、不安なので、mini DP - HDMI アクティブ変換ケーブルを購入した。

さて、SDK の画面を貼っておく。
Ultra96_DP_17_180824.png

Program FPGA を行って、ソフトウェアを走らせたところ、最初の文字化けはあるのだが、Hello World が表示された。
Ultra96_DP_18_180824.png

LEDが点滅していたので、dp_video_ref_clk クロックも出ているようだ。

なお、もう一度、このソフトウェアを起動すると 99 % で止まってしまって、ソフトウェアが起動しない。
Ultra96_DP_20_180825.png

2 回目はいつもこうなる。
対処方法は、Ultra96 の電源OFF して、もう一度、やり直しだ。
どこかおかしいのかな?
  1. 2018年08月25日 04:48 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0