FC2カウンター FPGAの部屋 2018年12月18日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

秋月電子カメラモジュールOV5642を使う11(VGA解像度でテスト)

秋月電子カメラモジュールOV5642を使う10(アプリを用意して実機テスト)”の続き。

前回は、アプリケーション・ソフトを作成して、OV5642 を動作させようとしたが、HREF、VSYNC の波形が全く出ていなかった。今回は、インターフェース2014年11月号の設定値つまりVGA 解像度で、HREF、VSYNC が出てくるかどうか?を確かめてみよう。

インターフェース誌の2014年の11月号のダウンロードデータを解凍すると、IF1411T ディレクトリが出てくるが、その下のap1/ov5642 にOV5642-VGA15fps-24MHz.ttl がある。一部を引用する。
OV5642_47_181218.png

これをJupyter Notebook でC コードに変換した。
OV5642_48_181218.png

Ultra96 ボードのDebian で ~/examples/cam_cap_ov5642/build_vga ディレクトリを作成して、cam_cap_ov5642.cpp をコピーして、Jupyter Notebook で出力したVGA 解像度のOV5642のレジスタ設定と入れ替えた。
OV5642_49_181218.png

これを
g++_opencv cam_cap_ov5642.cpp
でコンパイルして、cam_cap_ov5642 実行ファイルを生成した。

さて、実行してみよう。デバイスツリー・オーバレイをロードしてから、cam_cap_ov5642 実行ファイルを実行した。
OV5642_50_181218.png

HREF と VSYNC をオシロスコープで見ると出力されている。
OV5642_45_181218.jpg

HREF を拡大した。
OV5642_46_181218.jpg

インターフェース2014年11月号のVGA 解像度の設定値では、HREF もVSYNC も出力されていることがわかった。次は、自分で設定したSVGA 解像度の設定とRGB565 モードの設定のどこが悪いのか?を検証したい。
  1. 2018年12月18日 04:34 |
  2. CMOSイメージセンサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0