FC2カウンター FPGAの部屋 2019年02月13日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Docker のUbuntu 16.04 イメージにVivado 2018.2 をインストールする

Docker でGUIを立ち上げる+sudoを使う方法”のDocker イメージにVivado 2018.2 をインストールして、インプリメンテーションしてみよう。

最初に、Xilinx 社のVivado 2018.2 のWebインストーラーの Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin をXilinx 社のサイトからダウンロードした。
Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin をDocker 上のUbuntu 16.04 のコンテナにコピーする必要がある。そこで参考にさせていただいたのが、”Docker のホストとコンテナ間でファイルをやり取りする”だ。
Docker cp でホストからコンテナ、コンテナからホストにファイルをコピーできるととのこと。これは具合が良い。
まずは、コンテナを起動してから docker ps でコンテナIDを取得する。
docker cp Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin <コンテナID>:/home/masaaki
コマンドでコンテナの /home/masaaki ディレクトリにコピーした。
docker_ce_8_190211.png

Ubuntu 16.04 のコンテナ側に Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin がコピーできたので、Vivado をインストールするためのXilinx ディレクトリを作成して、 Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin にWrite パーミッションを与えた。
mkdri Xilinx
chmod +x ./Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin

docker_ce_9_190211.png

Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin を起動した。
./Xilinx_Vivado_SDK_Web_2018.2_0614_1954_Lin64.bin
docker_ce_10_190211.png

Vivado インストーラーが立ち上がった。
docker_ce_11_190211.png

Vivado WebPACK を選択した。
docker_ce_12_190211.png

デバイス選択。デフォルトとした。
docker_ce_13_190211.png

インストールパス。
docker_ce_14_190211.png

Summary.
docker_ce_15_190211.png

インストール開始。
docker_ce_16_190211.png

インストール終了。成功した。
docker_ce_17_190211.png

そういえば .bashrc が無かったので、ホストのUbuntu 18.04 の .bashrc を持ってきた。
source .bashrc
Vivado 2018.2 の settings64.sh を起動した。
source /home/masaaki/Xilinx/Vivado/2018.2/settings64.sh
Vivado 2018.2 を起動した。
./vivado
docker_ce_18_190211.png

Vivado GUI が起動した。
Zynq UltraScale+ MPSoC のサンプルデザインを選択した。
docker_ce_19_190213.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行った。
docker_ce_20_190213.png

ハードウェアをエクスポートして、SDK を起動した。うまく行っている。
docker_ce_21_190213.png

ホスト上で docker image ls でイメージを見ると、イメージが 38.8 GB に膨れ上がっている。
docker_ce_22_190213.png

ホスト上で
docker commit ubuntu16gui ubuntu16gui
でコンテナをイメージに書き込んだ。書き込み時間は 21 分程度で結構長かった。

コンテナを exit で終了した。
docker_ce_23_190213.png

ホスト上で、docker system prune で余計なイメージを削除した。
docker_ce_24_190213.png
  1. 2019年02月13日 07:04 |
  2. Docker
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1