FC2カウンター FPGAの部屋 2019年07月19日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96 MIPI拡張ボードに接続したPcam5C の画像をDisplayPort に表示する6(現状確認)

Ultra96 MIPI拡張ボードに接続したPcam5C の画像をDisplayPort に表示する5(再度fpga.bin を生成)”の続き。

前回は、fpga.bin を再度生成した。今回はPcam5C カメラの画像をDisplayPort に出力するために現状を再確認しよう。

Pcam5C カメラ画像をFixstars Tech Blog さんの「Ultra96 Linux で MIPI カメラから画像を取得する (セットアップ編)」を参照して、Pcam5C カメラから PNG 画像を取得できた。それが、”Fixstars Tech Blogの「Ultra96 Linux で MIPI カメラから画像を取得する」をやってみる3”だった。
ただし、Fixstars Tech Blog さんの「7. display port 経由での外部ディスプレイ出力」をやってみたところうまく行かなかった。”Fixstars Tech Blogの「Ultra96 Linux で MIPI カメラから画像を取得する」をやってみる4”参照。

Fixstars Tech Blogの「Ultra96 Linux で MIPI カメラから画像を取得する」をやってみる3”をもう一度やってみた。
cd ~/example/Pcam5C/
sudo su
./init_camera.sh
cd test
./rgbtest

MIPI_DP_27_190718.png
MIPI_DP_28_190718.png

20 枚のカメラ画像が取得できた。
MIPI_DP_29_190718.png

rgbtest.cc を引用する。
MIPI_DP_30_190718.png

これで buf のアドレスを取得できれば良いな?と思ったが、仮想アドレスだし、物理アドレスに直しても連続しているとは限らないかも知れない?V4L2 も良く分からないので、ソフトウェアは自分で1から構築することにしようと思う。

現状で動作しているのが分かっているので、心強い。

VDMA も自分で設定してV4L2 を使わないのも良いかも知れない?
まずは、Ultra96 のPMOD 拡張ボード上のカメラからDisplayPort に出力した時の記事を示す。
カメラ画像をDisplayPortに出力する7(ブロックデザインの変更)
Zynq UltraScale+ MPSoC のDisplayPort のLiveVideo のピクセルデータ
カメラ画像を DisplayPortに出力する8(Ultra96 での準備)
カメラ画像を DisplayPortに出力する9(アプリを作成、完成)

VDMA の設定値は、”AXI VDMAのドライバによるレジスタの設定値(S2MMの設定)”を確認すると良い。

なお、V4L2 を使うの良いかも知れない?
ikwzm さんが教えてくれたV4L2 の資料。
V4L2 API とOpenCV を使ってビデオキャプチャ
Linux Media Infrastructure userspace API
「Linux Media Infrastructure userspace API 」の中で、バッファ関連の説明
  1. 2019年07月19日 05:34 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0