FC2カウンター FPGAの部屋 板と板のはぎ
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

板と板のはぎ

昨日から今日にかけて、板と板をはぎました。はぐというのは板と板を張り合わせて、大きな一枚の板にすることです。板の幅が24cmだったので、半分に切った12cmの板とくっつけて36cm幅にしました。
まずは板の直角を出すために電気かんなで削ります。板の端と端に木工用ボンドを塗って合わせます。さらに、棒で押さえて、端金で止めます。その際に必ず、上にかけたら下にもかけないと板が曲がってしまいます。材料はアガチスという南洋材です。これは狂いが少なくてよいのですが、柔らかいです。下がやっている様子です。
itahagi_1_090906.jpg

これがくっついて36cm幅になった板です。
itahagi_2_090906.jpg

これから、大きな電気かんなでかんながけしてもらうと、つなぎ目がわからなくなります。
  1. 2009年09月06日 17:28 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1223-453779f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)