FC2カウンター FPGAの部屋 基板を設計するのは大変
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

基板を設計するのは大変

今基板を作っているが設計するのは大変な作業だ。
まずメインディッシュのチップを元にそれを使うための電源はどれが良いかとか、いろんな部品を使おうとする。例えば、オンボード電源を使おうとすると入力、出力につけるコンデンサは?とかいろいろ考えることがある。
チップがちゃんと動くためには何usから何十msの間に電源を立ち上げなくてはいけないとか、いろいろ制限を満たさなくてはいけないと思うと頭がこんがらかってくることもある。
その部品を使えるかどうかはデータシートを数十ページも読んだあとにわかることもある。データシートを読んだは良いが、一点がだめで使えなくて、最初から探しなおしということも良くある。
またこの部品が非常に良くて使いたいけど、その付随する部品をどうしても手に入れられずに泣く泣くあきらめるということもある。
そうやって、使うことが出来る部品を探していくのだが、それをやっているとかなり疲れる。いつも仕事でやっている人は大変だと思った。それとも慣れているので大丈夫なのか?
データシートを見て使える部品が簡単に手に入るのならばだいぶ楽になるとは思うのだが。。。でも、企業の方もコストの問題などで使える部品が制限されるのだろう。
  1. 2006年01月14日 16:09 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

部品の選定はたしかに骨の折れる作業ですね。設計仕様をみたしているとかクライアントの要求を満たしているかなどハードルを乗り越えてもメーカーの事情でディスコンになるなんて予想は困難です。
回路図書く前に先行発注して(発注しないと正規回答がもらえない)納期のほかにディスコンなどの情報を仕入れています。RSやデジキーにのっているから大丈夫とおもっていたらメーカーのトラブルで納期不明という事態に最近遭遇しました。パッケージがSOPなら米商社在庫があるので急遽基板パターンを2重にしてしのぎました。
  1. 2006/01/15(日) 21:40:10 |
  2. URL |
  3. mfreeman #rQKT5Rcw
  4. [ 編集 ]

まったく大変です。普段やりつけていないので。
電源7系統で足りると思ったのに、もう1系統見落としてまして、8系統になってしまいました。また電源の部品があるかどうか調べなくちゃいけません。
mfreemanさんは先行発注するということですが、例えばDC-DCコンバータを搭載する時に部品を先行発注するとします。DC-DCコンバータICは手に入ったけど推奨MOSFETがディスコンで手に入らないときとかは、どうなさってますか? 同じようなMOSFETを探しますか? 
うちはその辺のノウハウが余り無いのでなかなか先行発注できません。というか実験している暇が無いというのもありますが。
  1. 2006/01/15(日) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

>推奨MOSFETがディスコン・・・の場合は困りますね。まずメーカーにあたります。と同時にたいていは回答が遅いので代替品を探します。代替品の場合はかならず実験します。
電源はうちでも6,7種ですが容量が1A以下なので楽です。ディスクリートで組むのはアナログ用DCDC程度でたいしたことないです。最近はほとんどないので助かりますが5Aをこえると恐怖の世界です。
  1. 2006/01/16(月) 00:03:19 |
  2. URL |
  3. mfreeman #rQKT5Rcw
  4. [ 編集 ]

回答ありがとうございました。
そうですね。やはり実験してからですよね。DC-DCは部品が多いので関連部品が手にはらない確率も高まります。
最大二十数Aになりそうです。ほかはそんなに食いませんが、6Aくらい食いそうなのもありますね。電源を分けるか、それとも電流が大きいので行くか。。。
  1. 2006/01/16(月) 06:00:48 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

僕はソフトからFPGAに入ってきていますので、基板設計はできませんが、本当に大変そうですね。(ヒトゴト)
今使っているV2Pro基板ですが、先日タンタルコンデンサが破裂して流れ星のように目の前を吹っ飛んでいきました。
実装ミスで12Vのところに耐圧6.3Vの物がついていたんですが、タンタルはショートモードで壊れるというのを実体験しました。
  1. 2006/01/26(木) 22:53:52 |
  2. URL |
  3. windy #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

タンタルコン吹っ飛んでよかったですね。数十年前は企業でプリント基板のテストをしていたんですが、その時にタンタルコンがショートしたのですが、電源が根性が無いのでタンタルコンが飛ばずに見つけるのに苦労したことがあります。
前の学生実験で電源の実験があったのですが、その際に学生さんが電解コンの極性を間違えると盛大にすっ飛んでました。天井に当たるのでこれはまずいということでアルミシャーシの中に入れたんですが、飛ぶとアルミシャーシが持ち上がりますね。凄い威力です。武器が出来るんじゃないかと思うほどですね。
結局一般的じゃないんですが無極性の電解コンに交換したら静かになりました。
  1. 2006/01/27(金) 06:17:55 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/127-2cb1eb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)