FC2カウンター FPGAの部屋 4つ引き出しがある桧の収納家具作り1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

4つ引き出しがある桧の収納家具作り1

前回、”ランバーコアに桧を貼りつけました”でランバーコアに桧を貼りつけて、4つ引き出しがある桧の収納家具の棚を作った。大分、間があいてしまったが、その間に、奥さんのベッドを作ったり、親の風呂場の立派なスノコ(これは2X4でコースレッドはサビないようにステンレス製を使った)を作ったりしていた。道具が揃っているし、何かと大工仕事を頼まれれるのだ。(便利に使われている)

さて、本来の家具作りの収納家具にとりかかることにした。前回、ランバーコアに桧を貼りつけた板を棚板の大きさに丸のこで切断した。これで横方向はぴったり303mmだが、長さ方向はまだ切っていない。家具作りには0.5mm程度の精度が必要となるのだ。下の写真は4枚分の棚板を重ねたところだ。
syuunoukagu_1_100429.jpg

木が反っていたのか?貼り付けたランバーコアと桧の縁があっていなかったで、ヤスリがけをした。最初は120番でかけて、240番で仕上げ。大体仕上がった。
今度は、桧の側板と天板の加工。トリマーにストレートビットをセットして、裏に4mmのベニアを貼るために5mmの溝を掘る。下の写真はトリマーをかけているまね。
syuunoukagu_2_100429.jpg

このように溝を掘るのだが、下の写真は溝の彫り方を間違っている。天板は上載せなので、側板は全部溝を掘る必要がある。天板を全部溝を掘ってしまったので、失敗してしまった。土曜日に手直しをしよう。
syuunoukagu_3_100429.jpg

桧を加工していると、とても良い匂いで気持ちが良い。端切れは、お風呂に入れて香を楽しんだ。かんなくずを布袋に入れてクッションにしても香がとても良い。
  1. 2010年04月29日 19:48 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1449-2283bf76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)