FC2カウンター FPGAの部屋 PCI Expressのトランザクション・パケット解析ソフト
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PCI Expressのトランザクション・パケット解析ソフト

現在、PCI Expressのトランザクション・パケット解析ソフトをOpenOffice.orgのCalcで作っている。
OpenOffice.orgのCalcの関数は大体EXCELの関数と同じだが、区切りの記号は,から;に変更する必要がある。例えば、IF(A1="";"";"A")となる。
はじめはよく分からないで苦労したが、色々なサイトを参考に大分できてきた。
まずはパケットを解析するにあたってシフトはどうするのか?と思ったが、左シフトは2のn乗を掛け、右シフトは2のn乗で割っている。その際にINT関数をつけておかないと、浮動小数点演算の丸めの影響で+1されてしまう場合があるようだ。例、INT($A$5/2^20)
マスクはどうやってやるか戸惑ったが、”Excel で bit演算”のサイトを参考にして、マクロで関数を実装することにした。ビット演算を行う関数については、”OpenOffice.org Basic”を参考にした。
OpenOffice.orgのCalcのツールメニュー -> マクロ -> マクロの管理 -> OpenOffice.org Basicを選ぶとOpenOffice.org Basicマクロダイアログが出てくる。そのマイマクロに登録してある。
OpenOffice_macro_100608.png

これで、BitANDが使えるのでマスクができる。あまり体裁は良くないが、下のような感じで作っている。現在はコンプリーション・パケット解析を作っている。だいたいこれで、お終いにして、今度はRoot Portの送っているパケットを解析してみよう。
TLP_Analyzer_100608.png
  1. 2010年06月08日 05:27 |
  2. PCI Express
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1492-9e727e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)