FC2カウンター FPGAの部屋 コマンドプロンプトからISimが起動できない
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

コマンドプロンプトからISimが起動できない

以前、ISimを起動するのにfuseコマンドで生成したISimの実行ファイルをGUIモードで起動すると、何の動作もしないという現象で悩んだことがある。(Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路のSCCB回路追加時のシミュレーション
今回やっていてまた、はまってしまった。ちなみにGUIモードを外すとアプリが落ちてしまう。環境変数を設定するための .bat ファイルsetting32.batを起動すれば問題なくISimがGUIモードで立ち上がるが、コマンドプロンプトを立ち上げたときに毎回setting32.batを起動するのは面倒だ。そこで、setting32.batの中身を見ると、単に正しいパスをXILINX環境変数とXILINX_DSP環境変数に代入して、パスに%XILINX%\bin\nt;%XILINX%\lib\ntを加えているだけだ。
そこで、根本的に修正するには環境変数を書き換えればいいじゃね?ということで、書き換えることにした。
Windows XPではシステムのプロパティから詳細設定タブを選んで、左下の環境変数ボタンをクリックすると、システム環境変数のしたの方に、XILINX環境変数とXILINX_DSP環境変数がいるので、ついでにXILINX_EDKも書き換えておく。最初の値を下の図に示す。(%XILINX%\bin\nt;%XILINX%\lib\ntは、すでにパスに書いてあった。)
ISim_Setting_1_100926.png

これを実際のパスに書き換えた。下の図。
ISim_Setting_2_100926.png

これで、問題なくISimがGUIモードで起動するようになった。

# しかし、ISEをインストールするときに、自分のパスを環境変数に設定するのをミスっているとは、相当、間が抜けている気がする。。。
  1. 2010年09月26日 05:14 |
  2. ISim
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

ざいりんくす様のやることですから(笑)
  1. 2010/09/27(月) 21:04:50 |
  2. URL |
  3. アプロ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1599-fd3cf786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)