FC2カウンター FPGAの部屋 PlanAhead12.3でCreate New Projectしてみる2(一時休止)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PlanAhead12.3でCreate New Projectしてみる2(一時休止)

Xilinxの資料サイトが復活したようなので、PlanAheadのチュートリアルが見えるようになった。そのうちの”PlanAhead Software Tutorial Quick Front-to-Back Overview”の17ページ、”Step 3: Synthesizing the Design”からを参照して、やってみることにする。

最初にSynthesizeを行う。左のSynthesizeをポイントすると色が変わるので、クリックした。
PlanAhed_20_101010.png

そうするとエラーダイアログが出てきた。OKボタンをクリックした。
PlanAhed_21_101010.png

すると、やはり、ddr2_cont_parameters.vhが見つからないと言われた。
PlanAhed_22_101010.png

どうもSynthesizeのオプッションを見たときにインクルードパスがないと思ったんだよな。前回、XSTの設定をインポートしたはずなのに...
PlanAheadプロジェクトでのXSTのオプションのダイアルログを下に示す。
PlanAhed_23_101010.png

XST用の設定ファイル、CamDisp_Cntrler_DDR2.xstの内容を下に示す。

set -tmpdir "xst/projnav.tmp"
set -xsthdpdir "xst"
run
-ifn CamDisp_Cntrler_DDR2.prj
-ifmt mixed
-ofn CamDisp_Cntrler_DDR2
-ofmt NGC
-p xc3s700a-4-fg484
-top CamDisp_Cntrler_DDR2
-opt_mode Speed
-opt_level 1
-iuc NO
-keep_hierarchy No
-netlist_hierarchy Rebuilt
-rtlview Yes
-glob_opt AllClockNets
-read_cores YES
-sd {"ipcore_dir" }
-write_timing_constraints NO
-cross_clock_analysis NO
-hierarchy_separator /
-bus_delimiter <>
-case Maintain
-slice_utilization_ratio 100
-bram_utilization_ratio 100
-verilog2001 YES
-vlgincdir { "H:/HDL/OVL/std_ovl" "H:/HDL/FndtnISEWork/Spartan3A_starter_kit/CamDispCntrler_DDR2_Capt_SCCB_WS/Sources" "H:/HDL/FndtnISEWork/Spartan3A_starter_kit/DDR2_SDRAM_cont_266/Sources/ddr2_sdram_cont" }
-fsm_extract YES -fsm_encoding Auto
-safe_implementation No
-fsm_style LUT
-ram_extract Yes
-ram_style Auto
-rom_extract Yes
-mux_style Auto
-decoder_extract YES
-priority_extract Yes
-shreg_extract YES
-shift_extract YES
-xor_collapse YES
-rom_style Auto
-auto_bram_packing NO
-mux_extract Yes
-resource_sharing YES
-async_to_sync NO
-mult_style Auto
-iobuf YES
-max_fanout 500
-bufg 24
-register_duplication YES
-register_balancing No
-slice_packing YES
-optimize_primitives NO
-use_clock_enable Yes
-use_sync_set Yes
-use_sync_reset Yes
-iob Auto
-equivalent_register_removal YES
-slice_utilization_ratio_maxmargin 5


内容が違いすぎる... これ全部をPlanAheadプロジェクトでのXSTのオプションのダイアルログのMore Optionsに書くのは辛いので、これはここで中断することにした。もう少し、PlanAheadのプロジェクトが洗練されたら、もう一度やってみることにする。多分、インクルードファイルを使わないプロジェクトではうまく行くのだと思う。
今まで通りに、Project Navigatorをメインに使って、PlanAheadは、Project Navigatorから呼び出して使うようにしよう。
  1. 2010年10月10日 05:37 |
  2. PlanAheadについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1614-1e969b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)