FC2カウンター FPGAの部屋 2010年を振り返る
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

2010年を振り返る

今年も終わりなので、2010年を振り返ってみようと思う。

1月
・ISE11.4が出た。
・Spartan3A Starter KitのビットマップVGAコントローラの仕様の策定
・キャラクタ生成コントローラの仕様の策定

2月
・キャラクタ描画テスト回路を作成中(なかなか動作せず)
・ビットマップVGAコントローラを単体で動作させた
・キャラクタ描画テスト回路をデバック(テスト回路を入れたり、配線を固定したりした)
・キャラクタ描画テスト回路がうまくいかないので休止
・真壁のひなまつりに行った
・Verification Engineerの戯言さんの”SystemVerilogの世界へようこそ”のWebサイトの”無償ツールで実践する「ハード・ソフト協調検証」(全8回)”をやってみた

3月
・Verification Engineerの戯言さんの”SystemVerilogの世界へようこそ”のWebサイトの”無償ツールで実践する「ハード・ソフト協調検証」(全8回)”をやってみたの続き
・OVL(Open Verification Library)を試してみた(アサーション)
・蔵王スキー(今年は娘が受験なので行けない。。。)
・DDR3 SDRAMの新機能についてまとめた

4月
・Spartan-6 FPGA SP605 評価キットをいじるためにSpartan-6の内部構造を調べた
・ISimでOVLのVHDL, Verilog混在シミュレーション
・SP605のBase Reference Designをやってみた
・Spartan-6のMemory Contoller Block(MCB)の勉強
・SP605のMCBをISimでシミュレーションする

5月
・SP605用のMCBのインプリメント
・ISE12.1がでた
・SystemVerilog、VerilogをDoxygenでドキュメント化
・Virtex-6 ファミリ デザイン セミナに行ってきた
・SP605でPCIe Coreを生成してみた
・シミュレーションでSpartan-6のPCIe Endpoint Block IPの勉強をした

6月
・CoreGenからChipScope Proを使用した(ChipScope コアをインスタンスした)
・Spartan-6のPCIe Endpoint Block IPの勉強の続き
・娘の高校の文化祭に行ってきた(3年生なので、もう終わりと思うと寂しいけど、息子がいるし)
・PCI Expressのトランザクション・パケット解析ソフトをOpenOffice.orgのCalcで作った
・画像センシングシンポジウムに行ってきました
・ISim単体でのシミュレーション方法
・The Simple MicroBlaze Microcontrollerが出ていた
・Virtex-7, Kintex-7, Artix-7発表
・SP605でキャラクタ・ディスプレイ・コントローラ(CH7301Cを使うように改造した)
・Spartan-6のGTPトランシーバの勉強

7月
・ChipScope ProのVIO (Virtual Input/Output core)について書いた
・XUP USB-JTAG Programming Cableを試した(OKだった)
・Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路をやり始めた(仕様策定)
・ChipScope ProのVIOをtclスクリプトで制御したみた
・ブルーベリー、ブラックベリー収穫、でも虫刺された。痛かった

8月
・Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路のインプリメント
・配置配線後にそのコンポーネントの配置の制約をUCFファイルに書き出す方法
・Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路はケーブルノイズが酷かった。アルミ箔をまいたら大分良くなった
・さらにカメラのピントを合わせたら画像が出てきたが、まだノイズが入っていた
・カラーにすると色がおかしい
・DE0のSDR SDRAMコントローラ始めたけど、止まっている
・Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路でカメラをケーブルから基板接続に変更した
・Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路の画像ノイズのバグが修正できた

9月
・Spartan-3A Starter KitでCMOSカメラ・ディスプレイ回路にChipScope ProのVIOを入れて、tclでデータを取得した
・どうも色がおかしい
・CMOSカメラ・ディスプレイ回路にSCCBインタフェース回路を実装した
・LinuxのOV7670のドライバを参考にして、レジスタを設定したらまともな色が出た。良かった。。。
・ジブリ美術館に行ってきた
・DE0にCMOSカメラを搭載するのを画策した(今のところペンディング)
・DE0のCMOSカメラ回路を移植するためにいろいろやった
・CMOSカメラのプロジェクトを公開した

10月
・イノベーションジャパンで仕事用の回路を展示した
・割り算器が必要になったので、ISE12.2のCore GeneratorのDivider Generator を使って割り算コアを生成してみた
・アリエッティ展、浅草寺に行ってきた
・PlanAheadのプロジェクトを試してみたが、まだまだかな?
・DE0のSDR SDRAMコントローラをデバック(ペンディング)
・AlteraのFPGAについて勉強した
・富弘美術館、草木ダムに行ってきました
・Spartan-3A Starter Kit用の基板スタンドを作った
・10ビットの2進数から3桁のBCD(Binary-coded decimal)への変換回路(皆さん、良い回路を教えてくれてありがとうございます)

11月
・Make06出展準備
・Spartan-3A Starter Kitによる画像演奏装置(きらきら星)
・Spartan-3A Starter Kitによる画像演奏装置(手で演奏モード)
・Make Tokyo Meeting 06出展
・The Simple MicroBlaze Microcontroller(SMM)を勉強
・SMMのリファレンス・デザインをやってみた
・SMMデバック機能を確かめた

12月
・SMMのシミュレーション
・ET2010に行った。井倉さんとお会いした
・SMMにロータリーエンコーダとSCCBインタフェース回路を接続
・SMMのCソフトウェアを書いた
・VHDLで*演算子を使ったときの乗算について調べた
・Cソフトウェアが入らなかったので、XPSを使ってBRAMを8Kから16KBにした
・デバックをしながら今に至る

現在の課題は、SMMのno_Debugのコンフィグの物にもデバックモジュール(MDM)が入っているので、ChipScopeが使えない。そこで、解決策を探したが見つからない。そこで、シミュレーションでデバックをしようとしている。

今年もいろいろやったな~と改めて思う。これだけのことをやったんだ。ブログを書きながら良くやったと思う。こうして分かるのもブログを書いているからだと思う。

そういえば、今年は映画をよく見た。14作品を見た。

FPGA技術No.6にも書かせていただいた。うれしいです。

来年も頑張ろう~!!!
  1. 2010年12月26日 22:08 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1674-a7ab26ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)