FC2カウンター FPGAの部屋 電子サイコロをNSLで書いてみる2(NSLに変換)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

電子サイコロをNSLで書いてみる2(NSLに変換)

電子サイコロをNSLで書いてみる1(Papyrusでクラス図を作成)”でUMLのクラス図を作った。今度はUMLtoNSLでNSLファイルに変換してみる。

UMLtoNSLツールを起動して、dice.nslに変換した。下に変換後のdice.nslを示す。

// UML2NSL converter Ver. 2010-03-28 Copyright (c) 2009-2010 IP ARCH, Inc. All rights reserved.
// xmi  --- version 2.1 --- 



declare    dice  {
    
    // -- dice  --
    input    roll;
    output    seg_o[8];
    output    seg_figure[4];
    
}

declare    counter_1to6  {
    
    // -- counter_1to6  --
    output    seg0to6_o[8];
    
    // -- counter_1to6  --
    func_in    countup();

}

declare    hex_to_7segout  {
    
    // -- hex_to_7segout  --
    input    hexdata[3];
    
    // -- hex_to_7segout  --
    func_in    output7seg(hexdata);

}
module    dice {
    
    // -- dice  --
    reg    count_5msec[18];
        reg    count_20msec[3];
        counter_1to6    u_counter_1to6;
    


    /* common operations */
    {
    
    }

    
}
module    counter_1to6 {
    
    // -- counter_1to6  --
    reg    counter_1to6[3];
        hex_to_7segout    u_hex_to_7segout;
    


    /* common operations */
    {
    
    }

    
    /* func_in countup() operation */
    function    countup {
    
    }
        
}
module    hex_to_7segout {
    
    // -- hex_to_7segout  --
    wire    seg_value[8];
        


    /* common operations */
    {
    
    }

    
    /* func_in output7seg(hexdata) operation */
    function    output7seg {
    
    }
        
}


さて、このスケルトンからNSLのメソッドを書いていくのだが、Notepad++がNSLに対応していないので、キーワードの色分けが出来ていない。Notepad++はキーワードを定義する機能があるので、キーワードを定義してから、メソッドを書いていくことにする。
  1. 2011年01月20日 05:35 |
  2. NSL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1694-71e6e75b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)