FC2カウンター FPGAの部屋 今日のお仕事
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

今日のお仕事

今日はDC-DCコンバータのATH30T05をバラックで作ってテストをした。本当は低ESRのパスコンつけなくてはいけないのだが、普通の電解コンしかなかったのでセラミックコンデンサを並列に抱かせて代用した。
出力電圧の立ち上がりは5msで思ったより早かった。使えそう。ただ11A 8.6A(1.3V出力で0.15Ωのメタルクラッド抵抗をつけました)くらい流すとリップルが増える。使い物にならないじゃないかと思うくらい。まあバラックなのでしょうがないのか?
評価ボードが探したけど無かったのである。ちゃんとしたパスコンをつけて基板にちゃんとつければ大丈夫なのであろう。テクニカルノートではリップルはpeak to peakで40mVだった。
パソコンのディスクドライブコネクタから電源を取るのだが最大6.8A位になるので電線は大丈夫であろうか?
でもGPUの電力は最大120W位だそうなので12Vとすると10Aくらい電流流せるはずなので大丈夫か。。。

電源やGNDはパターンが大きいので下のDC-DCのピンを止めているハンダまで溶けなかったのだが、信号線をハンダ付けしたところ、DC-DCの基板にピンを止めている半田まで溶けてぐらぐらになってびっくりした。考えてみれば当たり前のことだった。
それでその後はICクリップを使って接続した。(下の写真)
見たとおり本当にバラックである。写真で見えるプリント基板はDC-DCコンバータの基板である。裏側だが結構たくさん部品が乗っている。
でもこれでフロー(ハンダ槽)で半田付けすればピンは抜けないで大丈夫なのだろうか? そうなっているのだろう。。。
ATH30T05_060311.jpg

  1. 2006年03月10日 20:43 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

11Aとはすごいですね。5Aを超えると恐怖を感じます。
うちもダミー抵抗をクリップで挟んでテストしていたらクリップが熱くなっ
ておどろいたことがあります。15V以上や静電気も苦手です。電気に
弱いから弱電屋かも。
  1. 2006/03/11(土) 12:50:58 |
  2. URL |
  3. mfreeman #rQKT5Rcw
  4. [ 編集 ]

すみません。8.6Aの間違いでした。
でも0.1Ωの抵抗もつけてみたので13A流したのですが、5V電源が3.2Aまでだったので落ちました。
1.3Vは最大23Aの予定なので5V入力は効率85%とすると6.8Aになります。
こんな電流持つのか疑問ですが、GPUはもっと凄いので大丈夫でしょう?
一回パソコンのディスクドライブコネクタにつないでやってみなくては、その場合は抵抗がハンダゴテになりますね。。。ハンダ溶けるかな? (30W)
  1. 2006/03/11(土) 13:52:10 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

おじゃまします。
僕も似たものを使ってます(型番違い)。
ATHやPTHの両方を使ってますがフローでDC-DCのピンが浮いてしまって通電しなくなる不具合が起きました。
今は実装屋サンにフロー後の半田盛りをお願いしています(^-^;
  1. 2006/03/14(火) 15:49:33 |
  2. URL |
  3. ひでみ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
情報ありがとうございます。
基板やサンに指示書で実装時の確認をお願いしようと思います。
皆さん使っていらっしゃるのでノイズとかは大丈夫そうですね。安心しました。
5V電源を5Aにして0.1Ωの抵抗を付けてテストしてみました。13A流れていると思っていたのですが、抵抗の両端の電圧を測ってみたら1Vでした。0.3V配線で電圧降下していました。13Aだと思ったら10Aでした。配線が0.75mm2じゃだめですね。
  1. 2006/03/14(火) 17:20:05 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/170-ab442a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)