FC2カウンター FPGAの部屋 TED プログラマブル ソリューション2011
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

TED プログラマブル ソリューション2011

昨日は、TED プログラマブル ソリューション2011に行ってきました。

最初のセミナは、ARMプロセッサコアで広がるソリューション。
ARMコアの紹介だった。間違えたりしていたので、やる気が余り無いような感じがした。ARMにとっては、Xilinxとの協業も余り重要でないのかな?

・ザイリンクス 28nm FPGAイノベーション
Virtex-6, Spartan-6の説明から、7シリーズの説明、スタックド・シリコン・インターコネクト・テクノロジの紹介。エクステンシブル・プロセッシング・プラットフォームは、本当にARMのSoCのペリフェラルとしてFPGAが載っているという構造らしい。もしかして、XilinxがAutoESLを買収したのって、この辺のコデザインに使うからなのか?(推測です)
その後はISE12の説明だった。(早くISE13を使ってみたい)

・インテル・アーキテクチャーとFPGAで加速するBeyond PC
前半はインテルの方が、主にAtomのロードマップや特徴を説明した。Atom E6XXシリーズだとCPU1チップに主要なインターフェースがついていて、PCI Express X1が出ているので、そこにFPGAを接続できるそうだ。それはわかるが、AtomにはAlteraのFPGAが入ったStellarton、E600Cがあるんじゃなかったか?外付けのSpartan-6を付けるよりもそれを使ったほうが良いに決まっているんじゃないだろうか?ブースで聞いてみようと思ったが、お話ができなかった。

・AXI4を使ったFPGA内部システムの構築について
最初に、AXI4バスの説明があった。256バーストができるそう。しかもアウトオブオーダー、高性能のようだ。AXI4Liteはシングル転送だけだそうだ。ReadとWriteは独立でどちらも同時に出来る。
途中にインターコネクトを入れる必要があり、マスタ、スレーブが1対1の場合は配線だけになるそうだ。多対多の場合は、アドレスにはアービタとルータが入り、データはクロスバ接続だそうだ。データのクロスバーで同時にブロードキャスト出来るかどうか聞いてみたかった。

・Spartan-6FPGA搭載基板のDDR3メモリおよびFPGA実機検証手法
~シミュレーションと実測の融合~
アジレントの菊池さんが講演された。ET2010の時にお話させていただいた方だった。Infiniisimというオシロスコープに搭載されているシミュレータがあって、それでシミュレーションできるとのことだった。凄い。。。Sパラメータを入れていってシミュレーションし、どんどんSパラメータを入れていくと精度が上がっていくそうだ。この辺の測定にはネットワークアナライザが必須か?うちの基板は伝送線路シミュレーションして、基板を作って、実測していないが、売り物の基板はそれじゃ許されないんだろう?
でも、測定パッドを出すと波形が劣化しやすいのではないだろうか?大丈夫だろうか?プローブの影響はシミュレーションで取り除いた波形を見ることができるそうだ。

・DMPグラフィックスIPソリューション
DMP社って、新しい任天堂DS3のグラフィックIPの会社なんだ。。。NV7のデモを見せてもらったけど、凄い。。。シャドーもテクスチャも付いていて、組み込みグラフィクスじゃないみたいだった。データはどうやって何でもっているのだろうか?そこが気になった。こんなすごい会社が日本にあるんだ?

お昼も美味しいバイキングをごちそうになってしまって、ありがとうございました。
有意義な一日でした。
最後にUSB3.0のボードが展示されていた。Spartan-6だったと思うのだが、Spartan-6のトランシーバーは最大3.125Gbpsだったと思ったのだが、USB3.0は5Gbpsじゃなかったか?聞いてみたのだが、ソフトウェアの方の方だったので、わからないとのことだった。もしかして、Virtex-6だったのかな?
(追記)”TEDら、USB3.0対応のFPGAメザニンカードを開発”によるとTIのPHYチップ、「TUSB1310A」を搭載しているそうです。おおきさん情報ありがとうございました。
  1. 2011年02月17日 05:54 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

>外付けのSpartan-6を付けるよりもそれを使ったほうが良いに決まっているんじゃないだろうか?
インテルのプロセッサを使うには,BIOSもセットで使用せねばならんので,トータルコストを考えると,むしろ,なんで内蔵したのかがわからないです.

FPGAにATOMプロセッサ ⇒ なんだそれ?BIOSどうするのよ?いまさらリセットベクタからプログラム書くんでしょうか(苦笑

ATOMプロセッサにちょっとしたFPGA ⇒ 汎用命令アクセラレータ!?これはありえる話

なんて思いで,けっこう冷めて眺めています.
  1. 2011/02/17(木) 10:03:06 |
  2. URL |
  3. どもども #-
  4. [ 編集 ]

どもどもさん、こんにちは。
「ATOMプロセッサにちょっとしたFPGA」、多分こっちだと思いますよ。
オムロンがボード出して、ソリトンシステムズがコデザイン環境を供給するんじゃないでしょうか?

  1. 2011/02/17(木) 12:24:37 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1720-0a60ca86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)