FC2カウンター FPGAの部屋 PlanAhead13.1を試してみた2(実機にダウンロード)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PlanAhead13.1を試してみた2(実機にダウンロード)

PlanAhead13.1を試してみた1(インプリメント、シミュレーション)”の続き。

PlanAheadでインプリメントとシミュレーションができたので、最後にSpartan-3A Starter Kitにダウンロードして実機動作を試してみた。

左のProgram and DebugをクリックしてGenerate Bitstream...を選択する。
ISE131_18_110305.png

Generate Bitstreamダイアログが開く。Optionsをクリックすると下に説明が表示される。でも、Project Navigatorの時は、もっと設定が多いはず。もっと設定できるOptionsを増やして欲しい。
ISE131_19_110305.png

Bitstream Generation Completedダイアログが出るので、OKボタンをクリックする。
ISE131_20_110305.png

左のProgram and DebugをクリックしてiMPACT...を選択する。
ISE131_21_110305.png

iMPACTが立ち上がるので、ビットファイルを設定して、Spartan-3A Starter Kitにダウンロードした。
ISE131_22_110305.png

カメラ表示回路が動作してカメラのデータがディスプレイに表示できた。

今回、PlanAheadを使ってみて、大分洗練されてきた印象を受けた。これならば、主流になると思われるISE14では問題なくなるのでは?と思う。ただ、スタティックタイミング解析の問題と、ビットファイル生成時のオプションが少ないという問題があると思う。(ただし、スタティックタイミング解析は私がなにかミスっているかもしれない?)
  1. 2011年03月05日 15:11 |
  2. PlanAheadについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1737-88726cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)