FC2カウンター FPGAの部屋 VMware Playerを使用してFedora14をインストールする1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

VMware Playerを使用してFedora14をインストールする1

VMWare Server2.0を使っていたのだが、メンテナンスが終了しているようだし、Ubuntu8.04から10.04にアップグレードしたらネットワークが使えなくなっていたので、アンインストールして、VMWare Player3.13をインストールすることにした。VMWare Player上にFedora14をインストールする。使用しているOSはWindows XP SP3。使用しているプロセッサはAMD Athlon(TM) 64 X2 Dual Core Processor 5200+。

まずは、ネットを検索したら、サーバエンジニアの知恵袋さんの”VMware Player 3.0 + Fedora 12”が引っかかったので、これを参考にやってみることにした。

VMware Player 3.1のページに行って、ダウンロードページに移り、名前とメールアドレスを記入して登録した。
送られてきたメールでアクティベーションすると、ダウンロードのページが開いたので、Windows版のVMware Player 3.1をダウンロードした。
ダウンロードしてきたVMware-player-3.1.3-324285.exeをダブルクリックしてインストールした。最初のインストール画面を下に示す。
VMWare_Player_1_110323.png

インストールが終了すると再起動となった。
VMWare_Player_2_110323.png

インストールが終了したので、VMWare Playerを起動した。使用許諾契約のダイアログが出て同意すると、VMWare Playerのウインドウが出てきた。
VMWare_Player_3_110324.png

FedoraをFedoraのダウンロードサイトからダウンロードした。直接ダウンロードのi386インストールDVDを選択した。Fedora-14-i386-DVD.isoがダウンロードできた。

VMWare Playerのウインドウから、新規仮想マシンの作成をクリックして、新しい仮想マシン ウィザードでFedora-14-i386-DVD.isoを選択した。
VMWare_Player_4_110324.png

簡易インストール情報を入力した。
VMWare_Player_5_110324.png

仮想マシンの名前と格納場所を入力した。
VMWare_Player_6_110324.png

ディスクの容量をデフォルト値の20.0GBとした。
VMWare_Player_7_110324.png

仮想マシンを作成する準備完了ダイアログが出た。完了ボタンをクリックした。
VMWare_Player_8_110324.png

私のシステムでは、他のCPUにわたる同期されたTSCを保証しないというダイアログが出た。Windows Boot.iniファイルの/usepmtimerオプションを設定する必要があるそうだ。
VMWare_Player_9_110324.png

MicroSoftナレッジデータベースの”QueryPerformanceCounter 関数を使用するプログラムが不十分な Windows Server 2000 は、Windows Server 2003 および Windows XP 実行可能性があります。”によると、新しい AMD CPU ドライバーをインストールする必要あるそうだが、リンクはすでに有効ではなかった。AMDのCool'n'Quietテクノロジに特有の設定なのかな?
この辺のリンクAMD Processor Driver 1.3.2.0053 for Windows XP and Windows Server 2003をインストールすれば良いのかな?(ダウンロードしてみるとAMD_Processor_Driver_1320053.zipという名前だった。中にはSetup.exeが1つだけ入っていた)
そして、boot.ini に/usepmtimer スイッチを追加すれば良いのか?
機械語翻訳が読みにくいので、英文併記のこっちの方が良いかも?でも、文章が異なる、AMDドライバのインストールは書いていない。原題は "Programs that use the QueryPerformanceCounter function may perform poorly in Windows Server 2000, in Windows Server 2003, and in Windows XP"。英語で読んだほうが良いかも?

とりあえず、この処理は後回しとして、他のCPUにわたる同期されたTSCを保証しないというダイアログのOKボタンをクリックして終了させた。

VMWare Playerを使用してFedora14をインストールする2”へ続く。
  1. 2011年03月24日 05:46 |
  2. VMware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

仮想マシンは利用してみたかったので参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。
  1. 2011/03/24(木) 11:23:35 |
  2. URL |
  3. hazezi #-
  4. [ 編集 ]

BIOS設定ではないかと思います
CPUの仮想マシン用の機能を有効化する必要があると考えます
VTとかvirtual なんとかをイネーブルにする必要があります
  1. 2011/03/24(木) 12:43:11 |
  2. URL |
  3. アプロ #-
  4. [ 編集 ]

皆さん、こんにちは。
アプロさん、VMware Server 2.0は動いていたのでVTなどはイネーブルになっているものと思われます。なんか、AMDのプロセッサ特有のスリープモードでタイマーカウンタがおかしくなるのでは?と思っています。
  1. 2011/03/24(木) 12:54:45 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1755-03ac2d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)