FC2カウンター FPGAの部屋 VMware Playerを使用してFedora14をインストールする3
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

VMware Playerを使用してFedora14をインストールする3

VMWare Playerを使用してFedora14をインストールする2”の続き。

Welcome to Fedora for i386が表示され、Disc Foundダイアログが出た。OKボタンを選択してリターンキーを押した。
VMWare_Player_24_110326.png

Media Checkダイアログが表示された。Testボタンを選択してリターンキーを押した。
VMWare_Player_25_110326.png

Media Checkが終了して、Errorが出てしまった。OKボタンを選択してリターンキーを押した。
VMWare_Player_26_110326.png

Media Checkダイアログに戻り、今度はContinueボタンを選択してリターンキーを押した。
VMWare_Player_27_110326.png

やはりだめでした。どうしてかとなんども仮想マシンを作りなおしてやってみたのですが、だめです。よくよくFedora-14-i386-DVD.isoを見たら、3.3GBのはずが1.69GBでした。ダウンロード失敗していたようです。
もう一度ダウンロードし直しましたが、またファイルの大きさが足りません。どうやらGoogle Chromeでダウンロードすると途中でダウンロードに失敗しても成功したように見えてしまうようです。
今度は、Firefox4.0でダウンロードすることにしました。Firefox4.0だとFedora-14-i386-DVD.isoの容量は3.31GBと表示され、完全にダウンロードできたようです。

色々検索していたら、OSマニアの部屋さんの”Fedora 14 のインストール [Fedora]”を発見。とても良く書いてあるので、このブログをまるごと参照することにしました。このブログには、”Fedora 14 のインストール [Fedora]”と同じことをしている間は省略することにしました。

今度はMedia CheckでSuccessしました。
VMWare_Player_28_110327.png

ですが、OKボタンをクリックし、次のMedia CheckをContinueするとまたエラーです。
Fedora 14 のインストール [Fedora]を良く読むと、一度DVDの接続が切れてしまうので、再接続が必要なようです。
仮想マシンメニューkら取り外し可能デバイス -> CD/DVD(IDE) -> 接続を選択して、Fedora-14-i386-DVD.isoを再接続します。
それからContinueを選択すると、うまくいきました。
VMWare_Player_30_110327.png

カスタマイズで開発環境にFedora Eclipseを追加しました。
VMWare_Player_31_110327.png

手順に従ってインストールしたら、Fedora14が起動しました。現在Updateを実行中です。VMware Toolsを自分でインストールしなくても、Windowsと仮想マシンを自由に行き来できました。とりあえず、VMware Toolsはインストールしないで様子をみることにします。
VMWare_Player_32_110327.jpg

(追加)
VMware Toolsをインストールしました。インストールすると、Windowsとの間でコピー&ペーストが使えます。インストールしたほうが便利です。

さらに、AMD Processor Driver 1.3.2.0053 for Windows XP and Windows Server 2003をインストールして、boot.ini に/usepmtimer スイッチを追加しました(私のパソコンのCPUは、AMD Athlon(TM) 64 X2 Dual Core Processor 5200+)。
下がboot.iniの内容です。

[boot loader]
timeout=1
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /noexecute=optin /fastdetect /usepmtimer


これで再起動したところ、仮想マシン起動時に下のようなダイアログは出なくなりました。
VMWare_Player_9_110324.png

(もう1つ追加)
VMware Player上のFedora14の時計がずれるという現象が起きています。対策を検索したら、”VMware上のLinuxの時計が遅れる(2)”を見て、仮想マシンフォルダにあるFedora14.vmxを開いて、tools.syncTime = "FALSE"をtools.syncTime = "TRUE"に変更しました。
これで少し様子を見ます。

(更に追加)
tools.syncTime = "TRUE"に変更してから、もう一度VMware Toolsをインストールしました。
  1. 2011年03月27日 07:46 |
  2. VMware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1759-1214b8f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)