FC2カウンター FPGAの部屋 画像テルミン1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

画像テルミン1

画像テルミンですが、手をCMOSカメラで撮影して、ラプラシアンフィルタ処理します。ラプラシアンフィルタ処理後の画像を使用し、どのように音の高さを決めるか?を考察しようと思います。
下に示すのが手の原画像です。
Elekijack_3_110413.jpg

まずは画面の縦方向の半分の位置の横のラインを考えます。画面の中心から前半部分と後半部分に分けます。
1.VGA信号規格に従って、前半部分で画面中央に近い位置のラプラシアンフィルタ出力値が高い場所を検索します。この位置をPositionFとします。
2.後半部分で画面中央に近い位置のラプラシアンフィルタ出力値が高い場所を検索します。これをPositionBとします。
3.PositionB - PositionFの値が手の幅(下図でピンクの矢印の範囲)になる。この値を正規化して、音の高さに反映させる。
Elekijack_4_110413.jpg

あれ、テルミンは、手を近づけると静電容量が大きくなるので、低い音で良いんですよね?そうなると、手を近づけて、手の幅が長くなると低い音になって、手が遠ざかって手の幅が短くなると高い音で大丈夫かな?2.演奏法の説明”によると、逆で、手を近づけると高い音、手を遠ざけると低い音だそうです。でも、それだと、何も無い時は高い音になるので、好ましくない感じがします。逆テルミンということで、手を近づけると低い音にしようと思います。

スレッショルドをどうするか?とか、いろいろ難しい面はあると思いますが、やってみようと思います。背景が問題だったら白い壁をバックにすれば良いかな?
  1. 2011年04月13日 05:37 |
  2. エレキジャック・フォーラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1775-911efd6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)