FC2カウンター FPGAの部屋 openMSP430をSpartan3 Stater Kitで動作させた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

openMSP430をSpartan3 Stater Kitで動作させた

openMSP430のSpartan3 Stater Kitへのインプリメント”の続き。

前回で、Spartan3 Stater Kit用のopenMSP430がインプリメントできたので、今回はopenmsp430\trunk\fpga\xilinx_diligent_s3board\software\leds のソフトウェアサンプルを動作させてみる。

まずはCygwinで、ledsをmake all した。
openMSP430_7_110609.png

led.elfができた。後は、openmsp430\trunk\fpga\xilinx_diligent_s3board\synthesis\xilinx に入っていたmemory.bmm を使用する。
led.elfとmemory.bmm をSynth131フォルダに持ってきて、ISE Design Sute コマンド プロンプトで、下のコマンドを入力した。

data2mem -bm memory.bmm -bd leds.elf -p xc3s200-4ft256 -bt openmsp430_fpga.bit


data2mem の使い方については、この辺を参照のこと。
openMSP430_8_110609.png

コマンドを実行するとopenmsp430_fpga_rp.bit が生成される。これをiMPACTでSpartan3 Stater Kitにダウンロードする。するとLEDが点滅して、7セグメントLEDに文字が表示された。


これで、一応デモは動作した。次は、RS-232Cからダウンロードできるかどうか?GDBが使えるかどうかを調べてみたい。

  1. 2011年06月09日 21:24 |
  2. FPGA内蔵マイクロコントローラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1824-89adf94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)